北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老の千葉昊也君 卒業式に向け アイヌ正装を自作

白老町の白老民族芸能保存会最年少会員の千葉昊也(こうや)君(12)=萩野小学校6年=は、自作したルウンペ(木綿衣)とマタンプシ(鉢巻き)を身に着け、来月17日に行われる卒業式に臨む。2年生の授業で触れたことをきっかけにアイヌ文化を独学し、5年生で保存会に入会。昨年からアイヌ民族の正装作りを進めてきた。完成した衣装をまとい、「晴れ姿で堂々と卒業証書を手にしたい」と話している。

卒業式に向けて自作の正装をまとい、笑顔を見せる千葉君

 アイヌ文化に興味を持ったのは、小学2年の総合学習の授業で保存会のメンバーが来校した際、ムックリを練習したのがきっかけ。踊りにも興味を持ち、インターネットの動画サイトなどを見て独自に踊りの型を学び始めた。2020年の夏には授業で学んだアイヌの刺しゅうを自由研究の題材に選び、取り組んだ。

 5年生になった21年夏には、民族共生象徴空間(ウポポイ)で保存会のメンバーと一緒に踊る機会があり、会との距離がぐっと近くなって冬に正会員になった。師匠と仰ぐ同保存会理事の飯島宏之さん(40)から踊りの指導を受けるようになり、イヨマンテリムセ(熊の霊送りの踊り)やク・リムセ(弓の舞)などの舞踊技術はめきめき上達している。

 ルウンペの自作は、6年生になった時に卒業式に向けて構想。「着物計画」と題した計画書を作成して取り組んだ。昨年7月に自分の体の大きさに合った型紙を手作りし、町内の手芸店などで生地や糸を買ってきた。8月に本格的な制作に着手。刺しゅうや模様の縫い付けを地道に進め、今年2月5日にルウンペとマタンプシを完成させた。首回りの刺しゅうやステッチ(縫い方)の一種「エタラカ」が「大変でした」と笑う。エタラカには、悪夢を捕らえて防ぐ魔よけ(ドリームキャッチャー)の意味合いがあるという。

 飯島さんは千葉君について「文化の保存と伝承を使命とする保存会で、自ら積極的に学び、すでに自分の踊りを模索しているなどとても頼もしい存在」とエールを送る。飯島さんの旧友でもある父親の理生さん(40)も「親として本人のやりたいようにさせたい。伸び伸びと学んでほしい」と目を細める。

 今は春からの中学校生活で、バスケットボール部に興味深々の千葉君。保存会の活動は今後も継続し、さらに研さんを重ねていく。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス