北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広発「パラコレ」道外初開催 障害者らのファッションショー【大阪】

 日本理美容福祉協会帯広センター代表の森田浩幸さん(56)=帯広市=が創設した障害者らのファッションショー「パラコレクション」が、大阪市内で開かれ、約120人が集まった。初の道外開催が成功し、現地で協力した森田さんは「素晴らしい内容だった。今後も各地でさまざまな形式のイベントを開催してほしい」と期待を寄せている。

「パラコレ大阪」の成功を喜ぶイベント関係者やモデル、観客ら(森田さん提供)

 森田さんは正看護師の資格を持ち、同協会の教育担当理事も兼務。「福祉理美容士」の養成に取り組んでいる。

 パラコレは「障害のある人などが華やかな衣装でランウエーを歩くことで自信を得て、その後の人生の後押しになれば」との思いから企画。2021年11月に帯広市内で初開催。車いすの3組がウエディングファッションショーを繰り広げた。

 森田さんは昨年、「パラコレクション」を商標登録。各地の団体がイベントを主催する際には、監修や協力を行う。

 大阪市中央公会堂で昨年12月25日に開かれた「パラコレ大阪」は、地元で着付け教室を運営する常磐尚子さんが主催した。森田さんとは車いす着付け師講師試験で知り合い、パラコレへの思いに賛同。クラウドファンディングなどで資金を集めた。

 難聴の3姉妹、東京パラリンピックに出場した選手ら義足の2人、車いす利用者2人、知的障害者1人に加え東南アジアからの留学生9人も交えた着物のファッションショーを展開。殺陣を披露するモデルもいて、会場は大いに盛り上がった。

車いすで登場した和装の男性モデル(森田さん提供)

 森田さんは「障害も国籍もごちゃ混ぜで、着付けの素晴らしさを発信した。帯広とはまた違ったアプローチが良かった」と話した。

 パラコレは今後、5月に札幌市、24年は和歌山市、25年は名古屋市と滋賀県米原市で開催を予定している。森田さんは「47都道府県で行うことが夢。最終的にはさまざまな表現を一堂にまとめたイベントを開きたい」と意欲を新たにしている。

関連記事

十勝毎日新聞

氷まつり3年ぶり歓声 緑ケ丘公園に回転そりや氷雪像【帯広】

 十勝・帯広の“冬の風物詩”として知られ、今年で60回の節目を迎える「おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前、帯広市緑ケ丘公園で開幕した。回転そりや氷の迷路などのアクティビティ...

十勝毎日新聞

氷まつり 27日開幕 3年ぶり通常開催【帯広】

 帯広三大祭りの一つ「第60回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日、帯広市緑ケ丘公園で開幕する。コロナ禍の影響で3年ぶりの通常開催。十勝・帯広の厳しい冬の寒さを象徴する氷と雪の...

室蘭民報

真冬の温泉街に熱気を 3、4日に湯まつり3年ぶり開催【登別】

 第50回登別温泉湯まつり(登別国際観光コンベンション協会、登別市主催)が2月3、4の両日、登別温泉町の泉源公園を主会場に3年ぶりに行われる。ふんどし姿の若者たちが、湯をかけられながら騎馬戦を繰...

十勝毎日新聞

光の遊歩道に今年も“冬桜” 彩凛華【音更】

 光と音のファンタジックショー「第32回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が28日午後7時、音更町の十勝が丘公園ハナック広場を主会場に開幕する。会場近くの遊歩道で...

名寄新聞

市街地全体を美術館に・2月11、12日にアイスキャンドルM開催【下川】

 第49回しもかわアイスキャンドルミュージアムが、2月11、12日の午後5時から同8時まで、町内中心市街地全体を会場に開催される。「まち全体をアイスキャンドルのミュージアムにする」「アイスキャンドル...