北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“スタミナギフト”「肉丼」開発 物産協会と東洋食肉販売【帯広】

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。

新商品の「NIKUDON」を紹介する東洋食肉販売の片山所長

 「NIKUDON」は帯広産豚の切り落とし200グラム、道産鶏の角切り200グラム、道産豚肉と道産牛肉のつくねハンバーグ120グラム=いずれも2パック=と、特製スタミナ一味やたれ2種類を詰め合わせたギフト。

 フードバレーとかちをPRするため、帯広市のふるさと納税品として取り扱ってもらおうと、同協会と東洋食肉販売十勝事業所(片山丈浩所長)が企画、開発した。肉のみならず、特製スタミナ一味の配合やたれの開発・製造まで全てを東洋食肉販売が行った。肉はあえて、ロースやステーキではなく、ギフトでは珍しい切り落としや角切りを使用。鶏丼や豚スタミナ丼、バーベキューなど、購入者が好きに調理できる汎用(はんよう)性があり、高価格な部位を使用するより安価においしい肉が提供できるとする。

 東洋食肉販売の片山所長は「帯広産、道産の肉を使い、特製のたれやスタミナ一味も手作りした。手作りなので製造数は多くないが、良いものができた」と自信を見せる。

 同協会の木戸善範事務局長は「今回は帯広産に限らず道産の肉を使用した。今後は道内との連携を強め、十勝ブランドだけでなく北海道ブランドの発展にも力を入れたい」と語った。

 価格は4800円(税・送料別)。とかち物産センター(帯広市西2南12、エスタ東館2階)で17日から販売しており、27日からはハピオ(音更町木野大通西7)でも取り扱う。帯広市のふるさと納税の返礼品は、現在インターネットサイトの手続き中で、6月末から7月初旬の開始を予定。1万5000円の納税への返礼品となる。

関連記事

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

十勝毎日新聞

南商“甲子園”に手応え 勝負メニュー福原で限定販売【帯広】

 食品スーパー・福原(帯広市、福原郁治社長)の市内3店舗で5日限定で、27日に東京都内で開かれる「第11回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝で帯広南商業高校クッキング部が勝負するメニュー「わやう...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス