北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

春色に包まれて 3年ぶり菜の花観賞イベント【音更】

 音更町の黒田農場=下士幌48、黒田浩光さん(48)経営=は21、22、28、29の4日間、同農場(約50ヘクタール)の一角にある菜の花畑で観賞イベントを開く。コロナ禍の影響で3年ぶりにイベントを開催する黒田さんは「十勝の春を体で感じながら楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けている。

黄色い絨毯のように咲き乱れる菜の花畑の中を行く来場者ら

 同農場は、道東道音更帯広インターチェンジから十勝川温泉までを結ぶ観光街道「音更メロディーライン」沿いにある。毎年、輪作の一環で、この時期に菜の花を栽培している。

 2016年から観賞イベントを開いているが、20、21年はコロナ禍で中止。今季は、農場内の菜の花畑(約2.5ヘクタール)を観賞用に開放し、15~29日の土・日曜にイベントを開催する。期間中の平日も事前予約の状況に応じて対応する。

 来場者は、時速7キロほどのスピードで進む観覧車に約10分ほど揺られて、傾斜地にある菜の花畑の観賞ポイントへ向かう。高さ90センチほどに伸びた菜の花が黄色い絨毯(じゅうたん)のように咲き乱れている。写真撮影のために途中15分間ほど停車し、出発前に入り口で配布される防除用のシューズカバーを付けて畑の中に分け入り、自由に菜の花を摘み、持ち帰ることもできる。巡回時間は1回約30分となっている。

 18日は、帯広第二ひまわり幼稚園(佐藤三幹園長、園児94人)の年長児25人が体験学習の一環で訪れ、菜の花畑を満喫した。帯広市在住の男児(6)は「菜の花を取って食べてみたけどおいしかった」と大喜びしていた。

 新型コロナウイルスの感染防止措置として、1回の乗車人数は最大で約10人に制限。乗車定員を超える来場があった場合は、数回に分けて巡回する。

 観賞イベントは各日午前10時~午後3時。入場料は中学生以上1000円、小学生500円、幼児無料。防除のため無断で畑の中に入るのは禁止している。事前予約・問い合わせは、29日までの期間中の午前8時~午後5時に黒田さん(090・1522・7502)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

氷まつり3年ぶり歓声 緑ケ丘公園に回転そりや氷雪像【帯広】

 十勝・帯広の“冬の風物詩”として知られ、今年で60回の節目を迎える「おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日午前、帯広市緑ケ丘公園で開幕した。回転そりや氷の迷路などのアクティビティ...

十勝毎日新聞

氷まつり 27日開幕 3年ぶり通常開催【帯広】

 帯広三大祭りの一つ「第60回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日、帯広市緑ケ丘公園で開幕する。コロナ禍の影響で3年ぶりの通常開催。十勝・帯広の厳しい冬の寒さを象徴する氷と雪の...

室蘭民報

真冬の温泉街に熱気を 3、4日に湯まつり3年ぶり開催【登別】

 第50回登別温泉湯まつり(登別国際観光コンベンション協会、登別市主催)が2月3、4の両日、登別温泉町の泉源公園を主会場に3年ぶりに行われる。ふんどし姿の若者たちが、湯をかけられながら騎馬戦を繰...

十勝毎日新聞

帯広発「パラコレ」道外初開催 障害者らのファッションショー【大阪】

 日本理美容福祉協会帯広センター代表の森田浩幸さん(56)=帯広市=が創設した障害者らのファッションショー「パラコレクション」が、大阪市内で開かれ、約120人が集まった。初の道外開催が成功し、現地...

十勝毎日新聞

光の遊歩道に今年も“冬桜” 彩凛華【音更】

 光と音のファンタジックショー「第32回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が28日午後7時、音更町の十勝が丘公園ハナック広場を主会場に開幕する。会場近くの遊歩道で...