北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

人間なら100歳超… クマ牧場の「マケンコ」歴代最高齢を更新【登別】

歴代最高齢を更新したマケンコ

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)で飼育されているヒグマの雌・マケンコが、18日に35歳の誕生日を迎え、同牧場の歴代最高齢を更新した。これまでの長寿記録は34歳15日で、昨年に続いて記録更新となった。人間の年齢に換算すると100歳超。足腰は弱っているものの、大きな病気もなく余生を過ごしている。

 昨年2月3日までの6年間、同牧場の長寿記録は34歳15日で雄のロコだった。マケンコは昨年、ロコの記録を更新。18日の誕生日で歴代最高齢を昨年に続いて更新した。

 マケンコは1987年(昭和62年)1月18日に誕生した。1歳から山頂クマ山のステージでデビューを飾ると、自転車や大玉に乗る芸を披露して、来場者を楽しませてきた。同牧場によると、ステージに立つのは一般的に8、9歳までだが、マケンコの引退は15歳。倍近い“芸歴”で愛嬌(あいきょう)を振りまいてきた。

 一線を退いた後は主にバックヤードで生活している。獣舎では22~27歳の4頭とともに過ごしている。他のクマが歩き回る中で、足腰に衰えが見られるマケンコは、どっしりと座ってほとんど動かない状態。消防ホースを巣のように集めて、同居する雌グマたちと集まって寝るなど、ゆったりとした老後生活を送っているよう。

 飼育スタッフの坂元秀行さんは「長くステージに立っていたことで、性格は素直なんでしょう。今はマイペースなおばあちゃんですよ」と笑顔。「計画的に飼育頭数を管理している。個体ごとのケアが行き届いていることが、長生きの秘訣(ひけつ)では」と話す。

 マケンコの隣の獣舎には、同牧場の雌グマナンバーワンを決めるイベント「NKB総選挙」で神セブン入りを果たすなど存在感を発揮してきたプリンプリン(33歳)がいる。マケンコに続く高齢個体で、獣舎越しに思い出話に花を咲かせているかもしれない。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス