北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入は個人情報保護の観点からハードルが高いといい、全国で公共施設管理を手掛ける同社でも2カ所目。利用者と施設管理者双方の負担が減ると注目を集めている。

「新システムの導入で利用者も管理者も便利になった」と話す西尾さん

 同施設は月3万人ほどが利用。利用者の約9割が町民で、利用頻度が高い人のために定期券を販売している。定期券は毎回持参して提示する面倒さや紛失などの問題点があり、利便性向上を目的に昨年12月、顔認証システムを導入した。

 対象者は端末に顔を登録しておき、入館時に専用端末に顔をかざして認証されると中に入ることができる。毎日通っている町内の無職藤原茂さん(75)は「紙をいちいち出して受付に渡さなくていいから楽。無くす心配もない」と話していた。施設担当の西尾仁さんは「これまで手作業で行っていた券の更新や情報管理がデータ化され、利用者だけでなく管理側も便利になった」と話している。

 機器・システムはソフトバンクグループのJCV(日本コンピュータビジョン、東京)が構築。オカモトによると「性能が良く正確。受け付け作業がスムーズに進む」という。

 現在、定期券購入者70人のうち約50名が登録し、システムを利用している。オカモトは「成功事例の横導入が当社の強み。町と協議して銀河の湯での取り組みにさらに磨きをかけ、この事例をもとに他施設でもICTや生成AIを活用した技術の導入を進めていきたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス