北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=啓北町在住=が100円ショップなどで材料を集め、「光る眼鏡」「金属探知機」「レーザーポインター」などユニークな作品の作り方を教えている。

工作に夢中の子どもたちと森井さん(奥左から3人目)

 森井さんは苫小牧市出身で、大学卒業後、東京で就職。半導体や電子回路の技術者として働いた後、電気工事士としても従事。2018年、35年間住んだ東京を離れて苫小牧に戻り、学習塾などで働いてきた。

 コロナ禍が収まりを見せたことから昨年4月、以前からの夢だった電子工作教室を本格的に立ち上げた。これまでに手掛けた作品は、LED(発光ダイオード)電球を取り付けて涼みながら光らせるミニ扇風機、夜道の散歩や夜間の作業時に両手を使わず周りを照らせるヘアバンド型LEDライト、雪だるまやアヒル型のイルミネーション、小型の金属探知機―など。

 市販の工作キットを使ったものもあるが、基本的には100円ショップで売っている商品をベースに森井さんが作り方を考案。はんだごてを初めて扱う人でも安全に作れるよう試作を重ねているという。「生活上の便利さはもちろん、周りの人の注目を集めるようなユニークさを大切にしている」と語る。

 1月は市販の6足歩行ロボットのキットを使い、「たこ焼きPRロボット」を製作。ロボットの頭部にライトを取り付け、「たこ焼き」と書かれたのぼりを持たせた作品で、未就学児や小学生がチャレンジ。教室が始まって間もなくから通っているという苫小牧東小学校6年の男子児童は「もともと工作が好きで、電子回路の組み立てが特に楽しい。作った作品は家でも遊んでいる」と話し、自分だけのロボットを夢中で完成させていた。

 教室は祝日を除く毎週金曜日に開く予定で、今後はロボット犬や好きな文字を光らせて表示する看板、ライトメガネなどを作る計画。森井さんは「物を作るのはとても楽しいこと。見学はいつでも可能なので、まずは一度見に来てほしい」と話す。

 料金は製作するものによって異なるが、基本は1回小学生1000円、中学生以上1500円(材料費込み)。定員は1回3人。

 申し込み、問い合わせは同教室 携帯電話080(9617)7792。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス