北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

保育人材確保へ就労奨励金 函館市、4月から新制度【函館】

ポスターを手に奨励金制度の利用を呼び掛ける市職員

 函館市は新年度、市内での保育士の人材確保を支援するため、保育士就労奨励金制度を新設する。市内の認可保育所や幼稚園、認定こども園でフルタイムとして働く人が対象で、新規就労奨励金が20万円、継続就労奨励金が勤務期間の通算で3、6、9年に達したごとに10万円を支給する。

 保育士は、全国的に人手不足が続いており、市が2022年度に行ったアンケートでも約6割の施設から保育士不足という回答があった。市は、保育士の人材確保を喫緊の課題と認識している。

 現在、市内の保育施設で働く職員は約1200人で、1年に50人程度を新規採用している。国は24年度に配置基準(保育士1人が受け持つ子どもの数)について4・5歳児は30人に保育士1人だったのを、25人に1人へ見直すが、保育士の仕事は、保護者に対する子育て支援や地域貢献活動など多岐にわたっており、現場の人材難や負担増が問題となっている。

 新規就労奨励金は、市内で初めて常勤で働く保育士、幼稚園教諭、保育教諭が対象。以前にフルタイム以外で働いたことのある経験者も含む。4月1日以降に対象の65施設で働き始め、1年以上継続し勤務する意思があることが条件。コンサルタント運営の転職支援サービスなどを利用し、勤務先の費用負担が発生する場合は対象外となる。

 継続就労奨励金は、市内の保育施設で1年以上常勤する保育士などを対象に継続就労した期間の通算が①3年以上4年未満②6年以上7年未満③9年以上10年未満―のいずれかの期間に達してから1年以内の人が支給対象。

 市子どもサービス課は「市内で新規に保育士や幼稚園教諭として働きたい人と、現在働いている人を応援する。必要な人数の保育士が、より質の高い保育の充実を図り、子どもと職員の幸せにつながってほしい」としている。

 社会福祉法人育栄会・あすなろ保育園の亀井隆園長は「定着率向上につながる制度で職員も喜ぶ。担い手の増加と、退職を考える人が考え直す機会になり得る」と話している。

 市は、22日に開会する市議会第1回定例会に事業費2747万円を盛り込んだ新年度一般会計予算案を提出する。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス