北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

植えた覚えのないリンゴが成長 今年は小振りの実がたわわ

住宅横で4㍍近くに成長し、実を付け始めたリンゴの木

 【網走】市つくしヶ丘5、上田稔則さん(80)宅の庭に、植えた記憶のないリンゴの木が実をつけるまでに育っている。「ど根性リンゴ」と名付けた上田さんは「来年以降は、手入れをしておいしいリンゴを実らせたい」と〝降って湧いた〟リンゴの木に期待を込めている。

 このリンゴの木は最初、住宅横の物置に置いておいた車のフロアマットから芽が出てきたという。もちろん、上田さんは植えたり種をまいてもおらず「なぜこんなところから芽が出たのか」と不思議に思いながら、まだ小さかったことから住宅横のスペースに植え替えた。

 しかし、リンゴの木はそこから元気に育ち、数年前からは花をつけるようになり、昨年は小さいながらも50個ほどのリンゴが実ったという。

 さらに、今年は8月ころに花が咲き、秋には200個ほどのリンゴがたわわに実った。1個の直径は5㌢ほどと、売られているリンゴに比べると小振り。試しに食べてみると、強い酸味の中に、ほんのりとした甘味が感じられたという。

 実を見た人の中には、アメリカから導入された寒地栽培に適した品種の「旭」ではという人もいるという。確かに味などは近いものの、旭はどちらかというと大きめの実をつける品種。この木はまだ実をつけるようになったばかりなので、将来は大きなリンゴが実る可能性もある。

 現在は、木丈も住宅の1階を越える4㍍ほどに成長しており、思わぬ〝リンゴ三昧〟に驚いた上田さんだが、やはり自分で植えたわけではなく、かといって他人が植えるはずもなく―と首をかしげることしきり。

 今年はリンゴがたくさん実ったことから、近所の住民や自宅の前を通る人が珍しそうに近づき、スマホなどで写真を撮る人も多かったそうだ。

 現在は野鳥が寄ってきてついばんだり、風で落ちたりしたため、当初より数は減ったものの、現在も100個以上が枝に残っている。

 長く住宅横で育っていることから、愛着がわいてきた上田さんは、リンゴ栽培の本を買ってきて調べたり、野鳥よけのネットをかけたり、そのままにしておくと皮が黒ずんでくるためいくつかの実には紙袋を被せて保護したりと、今年から少しずつ手入れを始めた。

実った小振りのリンゴを手にする上田さん

 上田さんは「来年からは、いろいろ調べながら育ててみたい」と話し、本格的なリンゴ栽培に意気込んでいる。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス