北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「タンタカ」漫画版制作へ 村山さん本紙「ネイチャーガイド」連載小説【釧路市】

 釧路新聞の毎週木曜日に掲載している「ネイチャーガイド」で連載している釣り小説「タンタカ」の漫画版が製作されることとなった。「タンタカ」は釧路地方をフィールドに若い女性が、釣りの最中に謎の死を遂げた父と兄について釣りをしながら謎を解くというストーリー。原作者は村山憲明さんで、漫画は沖縄県在住のイラストレーター時川真一さん。村山さんは「より広く多くの皆さんに読んでもらい、地域の活性化に貢献したい」と語り、今後の出版に向け地元自治体や住民の協力を求めるとともに、クラウドファンディング(CF)も呼び掛ける。

 小説「タンタカ」は、主人公「ナミ」の父と兄が釣りの最中に謎の死を遂げている。キーワードとなる「ノート」と「マキリのような竿」の証言を基に、幼なじみ「メル」と偶然川で知り合った父を師としていた男「輝元」と共に謎を解き明かすストーリー。女子アイスホッケーのチームメートでもある2人は、釣行を繰り返しながらのナイスプレーを見せつつ、自然の体験を基にさらなる糸口が徐々に分かっていく内容。実在する場所や店、グルメ、アイヌ文化なども織り交ぜている。

 小説は、昨年6月から本紙木曜日に掲載しているネイチャーガイドの中で連載が始まり、好評を博している。

 原作者の村山さんは地元の高校を卒業後、幼い頃から好きだった釣り具業界に入る。現在、道内一のプロショップ「ランカーズクシロ」に所属し、店員の傍らオリジナルルアーを作成販売し、各メーカーのテスターを引き受けつつ動画も配信している。

 小説の漫画化は、釣りや北海道に興味を持つ若い世代や各年齢層に向け、小説よりも分かりやすく楽しく情報を伝えようと計画。ランカーズに客として来ていた時川さんと意気投合、漫画化を目指すこととなった。

 漫画化の目的について村山さんは「私たちが住む地域の魅力を、釣りを通して漫画化することでより広く伝えることができ、多くの皆さんに読んでもらうことで地域の活性化にもつなげたい」と語り、将来的には「聖地巡礼」まで至ると地域経済にも貢献できると見込んでいる。

 すでに漫画化は進行しており、年度内に1冊目の完成を目指す。CFも行う計画で、今後の製作費に充てることにしている。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス