北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

慣れ親しんだ校舎に別れ 来年4月 高静小と統合の桜丘小で閉校式【新ひだか】

TOMORROWを合唱した全校児童

【新ひだか】来年4月から町立高静小と統合する桜丘小(佐藤正寿校長、児童38人)の「閉校式」が18日、同校体育館で行われ、在校児童や保護者約120人が参列し、学校生活の思い出を胸に慣れ親しんだ校舎に別れを告げた。

 同校は、1986年(昭和61年)4月11日に御園小と豊畑小、田原小と統合校して「桜丘小学校」として開校。開校当時の児童数は7学級220人で、88年には、最大児童数8学級233人。その後、少子化の影響で児童数の減少傾向が続き、2002年には7学級141人、12年には8学級84人となり、ここ数年は40人前後で推移していることから、来年4月1日から町立学校の適正規模による再編整備で、高静小と統合され、児童500人を超える学校としてスタートする。

 閉校式で大野克之町長は、「桜丘小は明日を担う後継者の育成に重きを置き、先人や先輩方の思いが結集され、3小学校の統合校として開校した。進んで学ぶ子、心のやさしい子、明るく元気な子、最後までやりぬく子を教育目標の大きな柱とし、地域と共にある特色ある学校づくりに努め、豊かな自然環境の中、地域に根ざした温かい教育活動の実践により子どもたちは伸び伸びと成長し、町内や道内外で広く活躍している。これから高静小や静内第三中に進む児童の皆さん、本校で培った独自の伝統や文化、経験を誇りに新しい友達と友情の輪を広げながら、夢や希望を持って健やかに成長してほしい」と式辞。

 第15代校長の佐藤校長は「本校は38年前に御園小と豊畑小、田原小の統合校として開校。徐々に児童数が減り、現在では38人の複式学級を有する小規模校となり今年度で閉校することになった。桜丘小は、春には名前の通りたくさんのサクラが満開になり、子どもたちは元気に駆け回ります。本校では勉強にも遊びにも全力で取り組む、素直で明るい子どもたちが育ってきた。38人の本校を離れる児童の皆さんは、新しい場所でも持っている力をしっかりと発揮してほしい。新しい仲間との出会いに最初は戸惑うかも知れまないが、新たな出会いは必ず自分を成長させてくれるはず。全ての皆さんに新たな環境での生活が始まる児童たちを温かく見守り、導いてほしい」とあいさつ。来賓の行徳義朗日高教育局長、佐藤和弘PTA会長からもあいさつが述べられた。

 児童を代表して、村田愛結児童会長は「桜丘小は人数が少ないけど、学年に関係なくみんな仲が良くて、私はこの学校が大好きです。みんなと過ごした桜丘小にはたくさんの思い出があります。最後の運動会や修学旅行、発表会など思い出がたくさん増えました。地域の皆さんには、雪かきや草刈りなど、先生方はいつも優しく話し掛けてくれたり、相談にのってくれたりしてくれて、ありがとうございました」と別れの思いを伝えた。

 全校合唱では、「私たちは桜丘小学校が大好きです」「大きな学校に行くのは、不安ですがみんなと協力してつらいことも乗り越えます」「私たちにとってすてきな未来になるように心をひとつにして歌います」と「TOMORROW」を全員で合唱し、最後に全員で「ありがとう桜丘小学校」と別れの言葉を述べた。

 最後に、佐藤校長と村田児童会長が学校の校旗を折りたたみ、大野町長と久保田達也教育長に手渡して、38年の歴史に幕を閉じた。

 当日の様子はユーチューブ「新ひだか まなびチャンネル」で配信された。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス