北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

モーラップ樽前荘、地元経営者が買い取り 来年5月再オープンへ

苫小牧市が3月末に閉鎖した支笏湖畔の「モーラップ樽前荘」(千歳市モラップ)を苫小牧市内の会社経営者2人が買い取り、来年5月の再オープンを目指している。建物はほぼそのまま生かし、宿泊施設や休憩所としての利用を見込む。利用料金は検討中だが、周辺のホテルより割安にし、支笏湖の素晴らしさを味わう機会を多くの人に提供したい考えだ。

支笏湖畔の旧モーラップ樽前荘

 2人は共に市内在住の60代男性で、昔からのバイク仲間。支笏湖への愛着は深く、ヒメマス(チップ)釣りのシーズンには何度も足を運んできた。樽前荘の廃止を聞き「なんとか残したい」と資金を出し合い、10月20日の入札で市の最低価格(約190万円)を大幅に上回る約860万円で落札した。

 モーラップ樽前荘は、市が観光振興や青少年の健全育成を目的に1952年に開設し、現在のログハウス風の建物には99年に建て替えられた。2人は「室内に残った備品の整理は必要だが、施設としてまだ十分にきれいに使える」と話し、通常のホテルより割安の1泊5000円前後で2階8部屋(各3~5人)の宿泊利用を検討している。

 施設の名称は未定。ライダーハウスのイメージを一新したいが、樽前荘の名前を残したい気持ちもあり、悩んでいる。オープン当初は受け入れ人数を抑え、チップ釣り解禁の6月以降に運営を本格化させる予定だ。

 モラップ地区では来春までに、環境省主体で進めるオートキャンプ用サイトが完成し、人気食堂「カフェランチストア Hoo―Hoo!(ホーホー)」の移転、新築も計画されている。2人は「周りとも連携し、支笏湖を盛り上げていけたら」と意気込んでいる。

 旧樽前荘は格安の利用料金や管理人が常駐する運営スタイルで、道内外のライダーの人気を集めた。しかし採算が取れず、老朽化に伴う改修費も今後必要になることから、市は廃止を決めた。一方、閉鎖を惜しんで常連客が続々と訪れ、2022年度の利用者は1000人を超えるなど根強い人気をうかがわせていた。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス