北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

しけでも…アブラコ50センチ【室蘭】

沈みがちな気分を晴らす立派なアブラコ(12日、ラブーン)

 噴火湾でマガレイの釣果が上向いている。水温が徐々に下がり、遊漁船関係者は「魚の活性が高まってきたのでは」と推測。「これからがシーズン」と期待を込める。

 豊浦沖を進んだマジカルアワー(亀田正義船長)によると、13日は開始直後からアタリが続いた。サイズはキープで30~40センチ。ダブルもあり、好調だった。

 週末はしけで苦戦した胆振沖。白老の末広丸も12日、前浜で挑んだが、一人当たりの釣果はマガレイで27~43センチが5~15匹。同船は「潮が速く、先週に比べて不調だった」と振り返る。イシガレイは30~45センチが船中7匹。

 ラブーン(鈴木健太郎船長)は12日、室蘭港内でボートロック。風が強く限られたポイントでのファイトとなったが、30~50センチのアブラコが2~8匹。サバやフクラギ(ブリの幼体)も交ざっていたことから、鈴木船長は「まだ水温は高い。ハイシーズンまでもう少し」と読んでいる。 

 室蘭沖防波堤はカジカが良い。渡し船を出しているつりぶねや(スターマリン、伊藤京香代表取締役)によると15日は、40センチ前後が15匹ほど揚がり、アブラコ狙いの釣り人たちを驚かせた。

貫禄のあるクロソイに笑みをこぼす女性(12日、ラブーン)

まさかのカジカにびっくり(15日、つりぶねや)

防波堤で揚げたカレイに満足(10月28日、つりぶねや)

関連記事

十勝毎日新聞

十勝からの情報(4月11日ごろ)

■途別川 ▽ニジマス15~25センチ、30~5匹。幕別町札内周辺 ■士幌川 ▽ニジマス15~30センチ、0~5匹。ブラウントラウト15~30センチ、0~5匹。下流域

室蘭民報

本戦へ“大漁”狙う 全道から73人参加、TOYOURA世界ホタテ釣り予選【..

 3分間で水槽のホタテを何枚釣ることができるかを競う「第16回TOYOURA世界ホタテ釣り選手権大会」(TOYOURA世界ホタテ釣り協会主催)の予選記録会が18日、豊浦町幸町の町地域交流センター...

十勝毎日新聞

ワカサギ釣果上々 愛好者にぎわう ホロカヤントー【大樹】

 大樹町晩成地区の沼「ホロカヤントー」が、ワカサギ釣りを楽しむ愛好者や家族連れでにぎわっている。3連休初日の6日は天候に恵まれ、氷上に色とりどりのテントが並んだ。  沼が氷結した昨年12月3...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月16日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、0~5匹。鹿追町市街周辺 ■楽古川 ▽アメマス35~50センチ、0~5匹。河口付近の最下流域 ■伊忽保川 ▽ブラウントラウト18~30センチ、2~5匹。下流域

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月8日ごろ)

■札内川 ▽ニジマス20~45センチ、2~5匹。下流域 ■士幌川 ▽ニジマス20~35センチ、2~5匹。ブラウントラウトが交じる。下流域 ■然別川 ▽ニジマス20~30センチ、2~5匹。鹿追町市街周辺

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス