北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

タオル、日用品を施設に寄付 今年で30年目の奉仕 網走市赤十字奉仕団

施設に贈るために集めた日用品と、網走市赤十字方奉仕団の人たち

 【網走】市赤十字奉仕団(中安範子委員長)は、このほど市内の福祉施設5カ所を訪れ、タオルや石けんなどの日用品を贈った。

 この「ふれあい訪問」は、各施設で有効に使ってもらおうと、1994年から毎年取り組んでいるもので、今年で30回目。以前は12月に行っていたが、現在は本格的な降雪期を前に、団員が安全に各施設を訪問できるようにと11月に行っている。

 日用品は、団員や市民が善意で寄せたタオル640枚のほか、液体洗剤28個、ティッシュペーパー420箱、ハンドソープ11個など。

 洗濯用の液体洗剤や漂白剤、ハンドソープなど、福祉施設に有用なものもたくさん含まれている。介護用ウエスは約5千枚集めたほか、古いタオルケットバスタオル、紙おむつなども多数揃えた。これらは特に介護施設などで必要とされるものだという。

 いずれも団員や分団員が1年かけて集めたほか、市民から提供を受けたものも数多い。

 また、今回は市内の寝装かわはらだから、マスク50枚入り60箱の無償提供を受けた。

 訪問を前に、団員が市総合福祉センターに集まり、寄せられたタオルなどを5つに仕分け後、各施設を回って届けた。

 施設は特別養護老人ホームなないろ館、養護老人ホームふれあい館、グループホームファミールみどり、知的障がい者更正施設サンライズ・ヨピト、認定こども園網走幼稚園の5カ所。

 中安委員長は「以前はタオルや石などの贈り物が多く、余ったりしたものを提供してくれたが、最近はこれらの贈り物が少なくなり、集まりにくくなった」としながらも「今回も市民などから多くの品を寄せていただき、たいへんありがたい。届け先が1カ所から始まったこのふれあい訪問も、四半世紀以上続けることができており、届け先も5カ所に増えたが、今後も頑張って続けていきたい」と話していた。

 同奉仕団は、赤十字思想の普及と奉仕活動を通じた「明るく住みよい社会づくり」を目的として1963年4月に設立。さまざまな活動を行っている。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス