北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

市内3カ所に発電施設 公共施設など49カ所に給電 あばしり電力

つくしヶ丘のソーラー発電施設設置箇所

 【網走】セラミック製品を中心に製造する日本ガイシ(本社・名古屋市)と網走市の共同出資で設立した地域新電力会社「あばしり電力」(村本正義社長)が、市内3カ所にソーラー発電施設を建設している。今年中に設置を終え、来年度からの稼働を目指している。

 ソーラーパネルの発電施設を建設しているのはつくしヶ丘、向陽ヶ丘、大曲の3カ所。

 このうち、つくしヶ丘3に建設している発電施設は、グループホーム「森の灯りはまなす」の東側。市営住宅と教員住宅の跡地4300平方㍍に、1・7㍍×1・1㍍のソーラーパネル864枚を設置する。出力は300㌔㍗。

 向陽ヶ丘7の発電施設は、道職員住宅の北西側。ふれあい公園横の市有地1万2078平方㍍に、1・7㍍×1㍍のソーラーパネル1656枚を設置する。出力は550㌔㍗。

 大曲2は、網走ボート協会艇庫東側の市有地4632平方㍍に、1・7㍍×1・1㍍のパネル720枚を設置する。出力は250㌔㍗。

 いずれも今年中に設置を終え、調整などを経た後、来年度からエコーセンターやオホーツク流氷館、小中学校やコミセン、上下水道施設など、市内48カ所の公共施設と、NGKオホーツク(市呼人)の計49カ所に給電する計画となっている。

 市はこれまで、メガソーラーやバイオマスの発電施設の誘致に取り組むとともに、学校や一般廃棄物処理施設などへの太陽光発電施設の整備に取り組んできたが、国が掲げる2050年のカーボンニュートラルの実現に向け、さらなる取り組みが求められていた。

 そんな中、子会社のNGKオホーツクが1997年から網走に進出し、地域経済はもとよりまちづくりに大きく貢献してきた日本ガイシが昨年、市に新電力会社の設立を提案。両者で検討、協議を重ね、地域新電力会社「あばしり電力」を設立した。

 今年3月には、市潮見に400㌔㍗の発電能力を持つソーラーパネルと、1200㌔㍗毎時の蓄電能力を持つ日本ガイシの大容量電力貯蔵システム「NAS電池」、直流を交流に変換する設備などを設置。潮見小と潮見コミセンに電力を供給している。

 これらの計画を進めることで、同社は再生可能エネルギーの利用比率を高め、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする国のカーボンニュートラル、また30年度までに温室効果ガス排出量を48%削減する道のゼロカーボンに対応していく。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス