北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

フィナーレは襟裳岬少年神楽 えりも岬小とえりも岬保育所 4年ぶりに合同学習発表会【えりも】

襟裳岬少年神楽を勇壮に披露する児童たち

【えりも】町立えりも岬小(高橋郁子校長、児童32人)とえりも岬保育所(越後奈津美所長、園児14人)の合同学習発表会が21日、同校体育館で開かれ、児童と園児たちは、練習に励んできた舞踊、劇、器楽演奏などを保護者ら70人に鮮やかに披露した。

 小学校と保育所の合同発表は、幼児期と児童期の円滑な接続を目的に、町教委が目指す「幼保・小接続円滑化推進」カリキュラムに基づく取組で、相互の教職員と子ども達の交流を図る。

 コロナ禍で4年ぶりに実現した合同学習発表会のテーマは「輝け笑顔!信じて自分!」。「音楽発表」は2学年ずつ合同で、懐かしい童謡を交えた歌声に保護者らは癒されていた。保育所園児らは、年少から年長まで4組に分かれて遊戯を踊り、はかま装束姿の4人の年長児は、日本舞踊「青竜白竜」を優雅に舞い、その見事な扇さばきに保護者らが感動。

 2年生の生活科発表「えりも岬のことしらべたよ」は、えりも岬地区のお寺の創建、襟裳岬灯台の開設、百人浜の緑化などを発表。園児全員の音楽発表は「おもちゃのマーチ」など3曲を可愛い声で合唱した。

 5・6年生の総合発表「緑化事業の歴史」では、手拭いで頭を覆い長靴姿で植樹に励む先祖の姿に扮して、試行錯誤を繰り返しながら植樹に挑む姿を再現。

 フィナーレは全校児童による「襟裳岬少年神楽」で、和太鼓や笛の音に合わせて勇壮な獅子舞や、ひょっとこの滑稽な身振りを表現して会場から盛大な拍手が送られた。

 保護者のひとりは「発表会の練習のことを帰宅しても話さなかったので、今日のわが子の頑張る姿を見て感動です。先生たちの努力に感謝です」と話した。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス