北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハロウィーン商戦大詰め 菓子類中心に各店でコーナー展開【十勝】

 10月31日の「ハロウィーン」を目前に、十勝管内のスーパーなどで菓子類を中心に商戦が大詰めを迎えている。今年はコロナ明けで盛り上がりが期待され、各店では例年通り8月下旬から売り場を展開。ただ、残暑が長引いた影響で「需要の波がずれ込んでいる」との声も聞かれる。各店、売り場の工夫や当日までのキャンペーンなどを実施し、最終日まで需要を取り込もうと懸命だ。

「ハロウィン収穫祭」を展開中の柳月スイートピア・ガーデン

 記念日について研究する「日本記念日協会 記念日文化研究所」(本部・長野県)によると、ハロウィーンの推計市場規模はコロナ禍前の2019年で約1155億円。過去最高を記録した16年の約1345億円からは減少傾向にあるが、今年はコロナ明けでホームパーティーやイベント再開の動きも見られ、関係者は商戦の活況に期待する。

 福原(帯広市)では、メーカー各社がハロウィーン限定商品を売り出し始めた時期に合わせ、昨年と同じ8月22日から全店でハロウィーンコーナーを設置した。「ここ数年はクリスマスよりも力を入れているイベント」(同社)とし、大型の店舗では55種類をそろえる。チョコやクッキーなどの大袋商品に加え、今年はSNSで流行したグミ類を強化し、在庫は昨年より約1割増やした。グロサリー課菓子担当の山路恵梨アシスタントバイヤーによると、今年は9月上旬まで残暑が続いた影響で購買のピークが遅れ、9月の売り上げは前年比94%。その分10月は半ばまでで115%と伸びており、直前の購買に期待を寄せる。

 イオン帯広店でも同様に、菓子類をメインに特設コーナーを展開。ハロウィーン仕様のアニメキャラクターが描かれた大袋菓子が売れ筋で、食品課グロサリー部門の越智義巳主任によると「分けやすいパーティー菓子の他、当日まで飾って楽しめるパッケージデザインの物が人気」。

 柳月(本部・音更町)は「ハロウィン収穫祭」と銘打ち、9月からカボチャやリンゴ、クリなどを使用した秋限定商品を販売している。「バスキュー」シリーズのカボチャ味「カラバッサ」(1600円)をはじめ、カボチャ風味のバウム「魔女のパンプキン」(5個入り・750円)、7種類の菓子を詰め合わせた「ムーンセレクト」(1600円)などの箱入り商品が売れ筋。カボチャやおばけの巾着に菓子が入ったプチギフトも子どもへのプレゼントとして人気だという。31日までは小学生以下の子どもを対象に「仮装deご来店」のキャンペーンを実施。阿部静企画開発室チーフは「秋商品から定番までバラエティー豊かにそろえている。季節感のある売り場でいろいろなお菓子を見て楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス