北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チーズ振興国際団体の会員に3人叙任 ギルド・クラブ日本支部【十勝】

 チーズ振興に取り組む国際団体の日本支部「ギルド・クラブ・ジャポン」の叙任式が10月中旬、札幌市などで開かれた。十勝からは新たに3人が会員となり、チーズ製造や普及へ意欲を新たにしている。

メダルなど叙任の記念品を手にする(左から)吉野さん、七海さん

 チーズ製造関係では、TOYOチーズファクトリー(芽室)の責任者を務める七海一樹さん(36)とチーズ工房NEEDS(幕別)常務取締役の磯部公児さん(55)、普及関係で、北海道ホテルの料飲サービス部門部長の吉野祐一さん(64)が選ばれた。

 国際団体「ギルド・アンテルナショナル・デ・フロマジュ コンフレリー・ド・サンテュギュゾン協会」(本部フランス)は世界44カ国に支部があり、9000人以上の会員が在籍。十勝からの会員誕生は2年ぶりで、今回の3人を含めて現役会員は計11人となった。

「ハードに力」七海さん

 七海さんは大手乳業メーカーでのチーズ製造を経験後、2017年に東陽製袋に入社。同社が運営し20年に開業したチーズファクトリーに準備段階から関わった。自前のミルクタンクローリーを持ち、チーズは会員制で販売。七海さんの実家(更別)を含む管内4牧場の生乳を合乳せず扱っている。「叙任は大変光栄。将来は管内19市町村の各牧場ごとにチーズを作り、長期熟成のハードタイプに力を入れたい」と話す。

「品質を維持」磯部さん

国際団体の会長と写真に納まる磯部さん(左)

 磯部さんは兵庫県尼崎市出身。北海道に移住し、大樹町の大石農産やたむらやで勤めてチーズ業界と関わりを持つと、17年にNEEDSに入社。翌年には工場長に就任し、チーズ製造の中核を担っている。「『いつもテーブルにチーズを』」が会社のモットー。「北海道物産展では十勝のチーズはおいしいと人気が高い。その期待に応えて、安定した品質の維持に取り組みたい」と力を込める。

「魅力伝える」吉野さん

 東京出身の吉野さんは北海道ホテルの開業(1995年)から携わり、元副総支配人。ソムリエの資格を持ち、ワインに合うチーズについて造詣が深い。2017年にチーズプロフェッショナルの資格を取得した。「私にとっては宝物のような称号。この15年ほどで個性的な味のチーズを楽しむお客さまが増えてきた。これからもチーズの魅力を伝えたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス