北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝の流通支え60年 卸売センター【帯広】

 協同組合帯広卸売センター(高田晃一理事長、29社)が今年、設立60周年を迎える。帯広市内の卸業の近代化と合理化を目指し、4度にわたって店舗や倉庫の集団化事業を進め、帯広の流通機能の確立に貢献した。27日に市内の北海道ホテルで60周年の節目を祝う。

集荷配送の団地整備

 センター設立の端緒は1963年。この年に制定された中小企業近代化促進法を受け、帯広の卸売業者が集まって卸売団地建設の調査を始めた。当時、卸売業の多くは中心部に本社を置き、離れた場所に倉庫を構えていた。(1)集荷配送の効率の悪さ(2)中心部の本社で商品搬入搬出時の車両による交通の混雑(3)会社規模の拡大で倉庫が点在したことによる在庫管理の困難-などの課題が挙げられたことから、卸売団地準備委員会を結成し、集団化へかじを切った。

 翌64年に組合員50社でセンターを設立。初代理事長は有田紙店社長の有田重太郎氏が務めた。設立当初は、集団化事業のためセンターで多額の借入金が必要になることなどから脱退者が相次ぐ時期もあったが、団地建設のメリットを説明するなどして建設を推進。60年代後半から70年代にかけて開広団地(市西7、8南5~8)、70年代後半から90年代にかけて流通団地(市西18、19南1)を整備し、十勝の流通拠点の基盤を築いた。

 2015年には、開広団地再整備事業として、団地の一画に高齢者向け住宅やデイサービス、商業施設を備えたビルを建設し、中心市街地の活性化にも寄与した。現在では、「設立当初の合理化の目的は薄れている」(同センター)とするが、貸室や共同駐車場、福利厚生、街路灯整備などの事業を実施。組合員間の交流・親睦にも力を入れている。

高田晃一理事長 他社との輸送協力を模索 24年問題

卸売業を取り巻く環境などを語る高田理事長

 センター設立から60周年を迎えることができた。今後どのように市内の卸売業を維持していくか、課題は多いが取り組みたい。来年4月には、トラックドライバーの残業時間の上限規制で輸送力の低下が懸念される「2024年問題」もある。十勝は札幌から距離が遠く、コストや時間で不利があるが、「空荷」の解消など、工夫をしなければならない。

 市内の商業環境も、藤丸の閉店などで大きく変化している。生き残りのため新しい事業や、輸送面などで他社との協力を模索しなければならない。

 それでも、北海道の中では十勝は地元の商圏が残っている。農業の基盤もあるので、十勝の強みに可能性を見いだしたい。

関連記事

室蘭民報

打って投げて児童笑顔 室蘭シャークスが海陽小で野球教室【室蘭】

 社会人野球の日本製鉄室蘭シャークス(廣濱大輔監督)の野球教室が3日、海陽小学校(東町)で開かれ、同小などの児童たち約20人が選手を先生に、元気にバットを振った。  体育館で対面、笑顔を絶やさ...

室蘭民報

商業検定「7冠」達成 虻田高3年・山口蓮さん「情報系の仕事目標」【洞爺湖】

 虻田高校(千葉佳貴校長)3年の山口蓮さん(18)が、全国商業高校協会(全商)が主催する簿記や電卓など検定全9種目のうち、7種目で1級を取得する「7冠」を達成した。同校では2019年の8種目、2...

室蘭民報

力を合わせて綱引き カルルス温泉冬まつり【登別】

 カルルス温泉冬まつり(同実行委員会主催)が2日、登別市のカルルス温泉サンライバスキー場で行われた。広大なゲレンデを舞台に多彩な企画が繰り広げられ、参加者が大きな歓声を上げた。  時折強い風が...

函館新聞

女性力士、福島に集え 5月に「女だけの相撲大会」 出場者募集【福島】

 【福島】町観光協会は5月12日に開催する「北海道 女だけの相撲大会」の出場者の募集を開始した。新型コロナ禍などで中止があったため、1991年のスタートから今回が第30回の記念大会。町内外、国籍...

函館新聞

ふるさと納税返礼品にホタテガンガン焼きセット 鹿部町【鹿部】

 【鹿部】鹿部町のふるさと納税の返礼品にこのほど、ホタテの蒸し焼きが楽しめる「道産両貝ホタテ・ガンガン焼きセット」が加わった。地元特産のホタテを家庭で気軽に味わってもらうと、半斗缶に両貝ホタテが...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス