北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「さらべつ和牛」次代へ 従業員の佐藤さん夫婦が美郷牧場承継【更別】

 更別村で唯一、和牛を肥育する美郷牧場(村上更別)を、十勝管外から移住した佐藤亮介さん(31)・春佳さん(31)夫婦が5月に引き継いだ。経営していた富永章嗣さん(76)・洋子さん(76)夫婦は後継者がおらず、従業員だった佐藤さん夫婦に事業を承継。関係者によれば、農業分野では子どもや親族以外への事業承継は珍しいという。代表の亮介さんは「『さらべつ和牛』のブランドをこれからも守っていきたい」と話している。

富永さん(右)から美郷牧場を引き継いだ佐藤さん夫婦

 同牧場は2003年創業。当初は和牛と乳牛を飼育していたが、現在は和牛のみ約170頭を抱え、繁殖から肥育まで一貫して生産している。

 江別市出身の亮介さんは札幌工業高を卒業後に種苗会社に就職。そこで同僚として春佳さん(川崎市出身)と知り合った。その後、亮介さんは苫小牧市、春佳さんは空知管内長沼町で勤めていたが、北大、同大学院で畜産を学んだ春佳さんは「以前から肉牛農家に興味があった」。

 交際していた2人は18年に札幌で開かれた就農フェアで富永さんを紹介され、牧場の見学や研修を体験。富永さんが跡継ぎを探していることを知った。2人は「後継の可能性があるなら」と結婚し会社を退職。村農業担い手育成センターなどの協力を経て、20年7月から1年間、同牧場で研修に励み、その後正式に雇用された。「富永さんは聞けば何でも教えてくれた」と亮介さん。富永さんも「2人は心構えが違った。引き継いでくれるなら彼らしかいないと思った」と肉牛生産のノウハウを一から伝えた。

 株式取得などを行う従業員承継は、同センターやJAさらべつ、日本政策金融公庫帯広支店などが地域一体で支援した。富永さんは「若い人のセンスで自由にやってほしい」とし、従業員として引き続き佐藤さん夫婦をサポートしている。

 佐藤さん夫婦の当面の目標は、27年に十勝で開かれる「全国和牛能力共進会(和牛全共)」への出場だ。同牧場は17年宮城大会の肉牛部門、22年鹿児島大会の種牛部門でともに優等賞を受賞。22年当時、2人は従業員だっただけに「次は牧場主として育てた牛を全国で評価してほしい」と意気込む。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス