北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サヤ数、実入り 過去最高 落花生 収穫本格化【芽室】

収穫された落花生。収穫機が自動で株とサヤを切り離す

 落花生の作付け道内最大規模を誇る芽室町で収穫作業が本格化している。町落花生生産組合(11戸、藤井信二組合長)が7月に発足してから初の収穫で、今年からJAめむろの工場での乾燥作業を開始する。

 落花生栽培は藤井組合長ら町内の青年農業者有志で2009年に開始、17年から生産組織をつくり、取り組みを本格化させた。

 千葉県など道外の落花生産地では一般的に株ごと掘り出して畑で日干しした後、株からサヤを切り離す作業を行うが、寒冷な北海道では畑上での十分な乾燥が難しい。そこで、町内では株を掘り起こすと同時にサヤのみを自動で切り取ることができる中国製の収穫機を導入して収穫に取り組んでいる。

 今年は町内で約7ヘクタールを作付け。27日には藤井組合長が運営する町上伏古の藤井農場でも収穫が始まり、約2.5ヘクタールを機械で次々と掘り起こした。生育状況について藤井組合長は「気温が高く、落花生には良い気候。サヤの数も実入りも過去最高」と話した。

 収穫した落花生は、民間の十勝グランナッツ合同会社(帯広市、田中一郎代表)の「ゆで落花生」などとして販売。今年からJAめむろの工場で乾燥作業を行う。藤井組合長は「今まで個々の農家で行っていた。作業集約によって栽培参入のハードルを下げ、生産拡大につながれば」とする。

 収穫作業は10月10日まで続く予定。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス