北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

遺族ら犠牲者しのぶ 洞爺丸台風から69年【北斗】

手を合わせ故人をしのぶ参列者(七重浜共同墓地)

 【北斗】1954(昭和29)年9月26日に起きた洞爺丸台風事故から69年となった26日、市七重浜7の「颱風(たいふう)海難者慰霊碑」前や七重浜共同墓地で、台風の犠牲者を追悼する慰霊法要が執り行われた。参列した遺族らが手を合わせ、犠牲者をしのんだ。

 洞爺丸台風(台風15号)により、青函連絡船洞爺丸のほか、第11青函丸、日高丸、十勝丸、北見丸の5隻が沈没。函館市史によると、乗員乗客1430人が犠牲となる未曽有の事故となり、事故発生から翌年の55年には、多くの犠牲者が流れ着いた七重浜に慰霊碑が建立された。

 慰霊碑前で執り行われた法要は函館市仏教会(永井正人会長)が主催し、遺族や一般参列のほか、北斗市や函館市、JR北海道の職員など、約50人が参列。僧侶12人が読経する中、参列者が手を合わせ、焼香した。

 参列した函館市時任町の大原愼子さん(74)は、北見丸で事務長を務めていた父・大原魁さん(当時53)を亡くした。「毎年焼香しに参列している。69年という月日はとても長いが、私たちにとってはいつまでも忘れられない日であり、体力が続く限り慰霊法要に参列し続けたい」と話していた。同じく函館市から参列した甲斐禎子さん(91)は、第11青函丸で無線通信長を務めていた父・大竹常一さん(当時42)を亡くした。「事故から69年も経ったのかと思うと感慨深い。動ける限り法要には参加し続けたい」と話していた。

 またこの日は七重浜共同墓地内に建つ、犠牲者を悼む供養塔「寂光塔(じゃっこうとう)」前で、七宝寺(油井祥隆住職)による法要が執り行われた。

 同墓地では犠牲者のうち128体が荼毘(火葬)にふされたという。法要では遺族や地域住民などが参列し、焼香して犠牲者の冥福を祈った。

 法要を終え、油井住職は「洞爺丸台風海難事故を風化させず、後世に伝え、しっかりとご供養を続けていくことが、私の住職としての大切な務めの一つだと感じている」と語った。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス