北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

爆音を響かせ疾走 日高ツーデイズエンデューロ【日高】

泥まみれでコースを攻める選手

【日高】自然の中に設定されたコースでオフロードの技術と耐久性を競う「日高ツーデイズエンデューロ」(実行委主催)が16、17日の両日、226人が参加して沙流川温泉ひだか高原荘(富岡)を出発点に林道などの特設コースで開かれ、選手は泥まみれになりながら、果敢に難コースを攻め爆音を響かせ疾走した。今年も道内はもとより東北、関東、関西、名古屋、広島、四国、九州のほか、オーストラリア、カナダなど海外からもエントリーがあった。新型コロナの影響で4年ぶりの開催。

 1984年に初めて2日間のエンデューロ競技会が開催されてから約40年が経過し、町では86年から実施。300人以上のボランティアで運営された。国際ルールにのっとった同じ競技方式で、日本では唯一の大会として開催。

 一般公道を走るため、競技前の車検でナンバープレートや保険の加入の確認、保安部品機能や排気音量も厳しくチェック。モーターサイクルの整備ができるのは選手本人だけで、整備や修理の知識、技術が試されるのも国際的競技の特徴だ。

 今年は1周約130㌔㍍を超えるレースで、3カ所に給油できるタイムチェックポイントを設定。コースの大半は未舗装路で一部に国道などの一般道路が含まれる。

 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ) 理事で事務局長の藤岡良一さんは「日本で唯一、国際ルールにのっとって行っている。日高は宿泊施設やトイレなどが整備されており、選手たちも喜んでいる。女性ドライバーも少しずつ増えていて今回は14人が参加した。来年日高山脈襟裳国定公園が国立公園化されるという。景観も素晴らしい日高を存分に味わってほしい」、神保一哉HTDE実行委代表は「長距離、長時間、ライダーの能力が要求され自分自身と対峙する2日間になる。日高の魅力を全国にPRする絶好の機会にしてほしい」と話した。

 選手たちは、爆音を響かせながら技術を駆使し難しいコースを攻め疾走した。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス