北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

5千人の観光客でにぎわう 食の祭典 びらとり和牛・トマトまつり【平取】

キャンプで訪れイベントに参加し、バーベキューに舌鼓を打った4家族

【平取】町特産品を屋外で堪能する町内最大のイベント「2023食の祭典びらとり和牛・トマトまつり」(実行委主催)が17日、町二風谷ファミリーランドで開かれ約5千人の観光客らでにぎわった。

 同イベントは、町恒例のまつり「沙流川まつり」から今年名称を変更した。

 会場では、町特産品トマトや和牛・黒豚、地場産品の各フェアのほか、ちびっこ広場、木の広場など体験コーナーも開催。トマトフェアでは湯むきトマトのシロップ漬け300食を無料提供し、和牛・黒豚フェアのバーベキューコーナーでは、和牛150㌘を1800食限定、黒豚200㌘を500食限定、びらとりスペシャル(和牛のトマト煮)を200食限定などで販売した。

 まつりはアイヌ古式舞踊で開幕。YOSAKOIソーランでは地元の平取義経なるこ会のほか、札幌から平岸天神など6チームの若者たちが会場狭しと乱舞しまつりを盛り上げた。

ビラッキー賞「和牛10万円分」に当選した長谷川さん(左)と遠藤町長(中央)。右はビラッキー

 午後からは、平取中吹奏楽部と陸上自衛隊第7師団第7音楽隊の吹奏楽演奏のあと、大抽選会が行われ、1等「和牛3万円分」、特賞「温泉ゆから宿泊券」、ビラッキー賞「和牛10万円分」など豪華な特産品が次々と抽選された。

 「ビラッキー賞」に当選した平取中1年の長谷川結萌(ゆめ)さんは「期待していなかったのでびっくり!最後まで当たらないと思っていた。家族でたっぷり美味しくいただきます」と喜んだ。

 札幌からきた家族は「たまたまキャンプに来たところ、大きなイベントがあると聞き参加した。みんなで楽しく和牛や黒豚を味わい、とても美味しかった」と笑顔で話した。

 実行委員長の遠藤桂一町長は「天候にも恵まれ、4年ぶりに開催することができた。特産品の美味しさを知っていただけるまつりになってくれたら幸いに思う」と話した。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス