北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最後の運動会楽しむ 来年3月に閉校する朝日小【新冠】

ファイナル全校玉入れを頑張る児童たち

【新冠】来年3月に閉校する朝日小(後藤祐美子校長、児童41人)の最後の運動会が3日、同校グラウンドで開かれ、単走や応援大使、ファイナル全校玉入れ、朝日小よさこいソーラン2023などで児童たちは元気いっぱいに走ったり踊って運動会を楽しんだ。

 朝日小は、1916年(大正5年)に開校されて以来、2008年(平成20年)に明和、若園、太陽、美宇、東川の各小との統合を経て、108年を迎えた。児童数の減少などにより、長い歴史に幕を閉じ、来年4月から新冠小に統合される。

 この日は、前日の大雨によるグラウンド整備を早朝から行い、30分遅らせて開会したが、その後青空が広がり最高の運動会日和となった。今年のスローガンは「みんなで 楽しく 力を合わせて エイエイオー!」。

 開会で後藤校長は「朝のグラウンド整備に父兄や地域の人たちの協力をいただき感謝。108回目の最後となる運動会をみんなで楽しんでほしい。子どもたちが一生懸命がんばる姿を見てほしい」、児童会長のクリス・ローレンスさん(6年)は「単走の練習をあきらめずにがんばり、よさいこいをかっこよく踊る練習をしてきました。最後の運動会を成功させるためにみんなでがんばりましょう」とそれぞれあいさつ。

 威勢のいい応援合戦の後、80㍍単走で競技がスタート。3~6年生の100㍍単走を80㍍に変更したほか、団体の「PTA綱引き」と「PTA紅白リレー」を中止したが、児童たちは仲間や父母らの声援を背に受け、団結力と練習の成果を発揮した。

 運動会終了後は、児童や職員、地域住民たちと「108」の人文字をつくり、ドローンで記念撮影した。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス