北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

冬の湿原号 利用最多1.3万人 客車一新、客足回復 今年度JR釧路支社

観光客や見送りの鉄道ファンらでにぎわった運行最終日の釧路駅。記念写真を撮る外国人の団体も(21日午前10時45分ごろ)

 JR北海道釧路支社(戸川達雄支社長)は、2022年度に釧網線で運行した冬季観光列車「SL冬の湿原号」と「流氷物語号」の利用状況をまとめた。同支社によると、冬の湿原号は全客車のリニューアルが完了したことなどもあって、前年の2倍以上の1万3553人が乗車し、過去10年間で最多となった。流氷物語号は昨年度を79%上回る結果となった。 

 冬の湿原号は今年1月21~3月21日の週末を中心とした32日間、運休せずに釧路―標茶間を1日1往復運転。利用者は前年の6402人を7151人上回る(111・7%)1万3553人となり、1日当たりの平均は、昨年が30日間の運転で213人だったのに対し、32日間で423人となった。  22年度は、2~4号車の内装を「ストーブカー」としてリニューアルし、21年度改修の1、5号車「たんちょうカー」と合わせて全客車内が一新された。また部品破損で昨年運行できなかった蒸気機関車(C11―171)が修理を終えて2年ぶりに復活した。  今季は沿線自治体などによる車内、駅でのおもてなしやイベントが行われ、好評を博した。また、コロナ禍による外出自粛がなくなり、入国制限も緩和されたためか、国内外の観光客が戻り始め、客足が回復したことが利用増につながったとみられる。  流氷物語号は1月28~2月26日のうち、悪天候による運休を除く28日間、網走―知床斜里間を1日2往復した。利用者は前年の4901人を大きく上回る8775人。1日平均は313人で前年(196人)の約6割増となった。「オホーツク流氷の日」の2月19日と運行最終日には特別イベントが行われた。  同支社では「運行に当たり、沿線地域の皆さまよりたくさんのご協力をいただいた」と感謝している。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス