北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館産ブラックベリー使用クラフトビールが金賞 H.M.Works【函館】

金賞を受賞した「ブラックベリーポーター」のボトルを手にする石垣代表

 函館市西部地区のクラフトビール醸造所兼レストラン「Ozigi(オジギ)」(末広町16)を運営するH.M.Works(エイチエムワークス)のフルーツビール「Black Berry Porter(ブラックベリー ポーター)」が横浜市で行われた国内ビールの品評会「ジャパン・グレート・ビア・アワーズ2023」で金賞を受賞した。21年7月の開業から1年半での快挙で、同社の石垣充清(あつし)代表(45)は「地域貢献できるビールができた」と喜び、クラフトビールでの地域活性化に力を込める。

 クラフトビールの品質向上寄与を目的に日本地ビール協会が19年から始めたコンテスト。今年は全国158事業者から計587銘柄(点数)が出品され、審査会は今月4、5の両日に行われた。香り、外観、バランス、味わい、後味などに加え、飲む人の心に強く残る魅力を評価する。金賞は計59銘柄で全体の1割という難しさ。道南では唯一の受賞だった。

 石垣代表は「今までにない味わいのビールを作り、まちを元気にしたい」と決意し創業。醸造技術を磨き、同コンテストでは昨年、徳島産すだちの果汁を使い開発した「白すだち」のほか、定番商品の「IPA」が共に初出品で銅賞を受賞した。

 今年は道南産素材を生かそうと考えていたところ、函館産ブラックベリーの紹介を受け、果汁と黒ビールの一種「ポーター」を使うとした。「ブラックベリー、黒ビールを使う銘柄は少ないので特長あるものができると考えた」と話す。ラズベリービールを参考にするなど味を想像。「甘みが強くならないようにブラックベリーの量を考えた。試作はできないので難しかった」と振り返るが、試飲した時「うまくはまっていた。皆さんのおかげで新しいものができた」と完成を喜んだ。

 昨年の「白すだち」は函館の海鮮料理に合うことを目指したが、今回は「赤ワインのような味わいで、エゾ鹿のような肉料理に合う」と薦める。肉、魚に合うクラフトビールがそろい、「函館は食のまちとしても国内外からの観光客が楽しんでいるが、最近は新しい日本酒とワインができている。ビールは自分たちが作り、お酒と食を喜んでもらうことで地域を応援していきたい」とブルワリーの意気込みを見せる。

 オジギ店内では1杯950円(税込み)で提供。ボトルは1本(330ミリリットル入り)990円(同)で販売。営業時間は月・木・金は午後5~同10時。土、日は午後2~同10時。問い合わせは同店(0138・24・2021)へ。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス