北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

需要起こせ「冬」キャンプ カウベルハウスで実験【帯広】

 コロナ禍以降、密を避けて楽しめる娯楽としてアウトドアがブームになる中、地域の自然や文化、食などを生かした観光に注目が集まっている。こうした流れを背景に、十勝食材の発信などに力を入れる帯広物産協会(小倉豊会長)は、アウトドアを組み合わせることで、運営するレストランで冬季の需要を掘り起こす取り組みを始めた。

カウベルハウス(奥)の前庭スペースで行われた冬キャンプ

 同協会は宿泊機能を併せ持つレストラン「畜産研修センターカウベルハウス」(帯広市八千代町西4線194)の運営を帯広市から受託している。夏季は旅行客や学生の研修などでにぎわうが、市内中心部から遠い立地もあり、冬季の利用の落ち込みが課題とされる。利用の促進を図るため、アウトドアブームで人気が高まる「冬キャンプ」に着目した。

退避場所にも

 4日に冬キャンプの実証実験を実施。「冬キャンプは気温などハードルが高いが、宿泊施設を持つカウベルハウスは退避場所にもなり、安心して泊まってもらえる」(木戸善範事務局長)と企画した。

 管内のアウトドア愛好家ら4組が実験に参加し、カウベルハウスの前庭スペースにテントを設営。「設営場所の広さは十分。十勝の自然を間近に感じられる場所」(参加者)との声が上がった。

テント装備高額

 一方、参加者が持ち込んだテントは、石油ストーブなどを設置し煙突で排気するという高額なもの。「テント内は20度ほどで安全性は高いが、費用も高く手入れも必要」(参加者)と整備の難しさを指摘する声もあった。

 その後は、同協会の会員企業が製造する十勝産食品のバーベキューや、同レストランで星の観察会を実施する「北海道の星空」の天体観察会などが催され、参加者を楽しませた。

 木戸事務局長は「キャンプ道具の用意などに課題は見つかったが、宿泊施設があり安全性の高いキャンプ、市街地から遠くきれいな星空、会員企業の食品と、優位点が多いことを確認できた」とし、来年度以降の事業化に意欲を見せた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス