北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館産サバ手軽に レトルト商品「美人焼き」発売【函館】

函館産サバを使った新商品「さばの美人焼き」をPRする(左から)熊木さん、福田さん、川崎さん、福田海産の川村康子さん

 地元の素材を使った商品企画を手掛ける合同会社EGAO(函館市桔梗3)は、函館産のサバを使った新商品「さばの美人焼き」を発売した。サバの塩焼きをレトルトパックし、常温で120日間の長期保存が可能。簡単な調理で焼き魚が味わえる商品としてPRしている。

 商品開発は、函館市漁協所属の漁業、熊木祥哲さん(42)が、市場では値がつきにくい小ぶりなサバが多く水揚げされている現状を、EGAOのプロデューサー、川崎良平さん(41)に相談したことをきっかけに始動した。熊木さんが水揚げしたサバを、宇賀浦町の福田海産(福田久美子社長)が加工。エビスパック(昭和3)が製造を手掛けた。

 サバは、EGAOが開発した函館産マコンブを使った万能だし調味料「極UMAMI美人」を塗って焼き上げて魚介の臭みを取り除き、コンブのうまみを吸収。レトルト加工で骨までやわらかくカルシウムも摂取できる商品に仕上がった。

 10日に発売し、福田海産のほか、同店などが市内の町会館に出店する「福マルシェ」で3匹入り税込み400円で販売。

 これまで福田海産では、熊木さんがサバを多く水揚げした際には、買い取ってフライなどに加工して販売していた。福田さん(66)は「余ってしまう魚を活用するアイデアを考えるのは一人では難しい。商品化でサバを無駄なく流通できる」、熊木さんは「サバをとる人も、商品売る人も双方が元気になる取り組み」と好感触だ。

 美人焼きの製造方法は未利用魚などほかの魚種にも応用できる。川崎さんは「1次、2次、3次産業の事業者がつながり、互いに助け合うモデルケースとして広げていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス