北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

今年も網走湖でワカサギ釣り大会が開かれる(昨年の大会)

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。

 網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を広く発信しようと、網走市観光協会が中心となり大会実行委を組織。2011年から開催している。

 次回で13回目を迎える名物大会で、網走の冬の風物詩として定着。毎年、150人の太公望が集い、氷の上で静寂かつ熱い戦いを繰り広げている。

 ルールは3人1組のチームで、制限時間内に釣った魚の重量を競う。

 さおや仕掛けは同協会のレンタルを使用。全員同じ条件での勝負となる。

 まき餌は禁止で、釣り穴は抽選。

 会場は、ワカサギの漁獲量全道一を誇る網走湖呼人浦の特設会場。会期は2日間で、初日の1月21日は午後1時から2時間、2日目の22日は午前10時から正午までの制限時間で競う。

 1位は賞金10万円と賞状が贈られる。2位は5万円と賞状、3位は3万円と賞状。

 当日はカニの鉄砲汁や豚汁など「おいしく、温かい汁物」も振る舞われる。

 大会は回を重ねるごとに人気が高まり、毎年、札幌や帯広、旭川などの道内を始め、遠方は首都圏や関西からの参加もある。

 定員は50チーム。参加費は遊漁料、レンタル代など込みで1チーム1万円。

 申し込み期限は12月19日午後5時まで。定員が超えた場合は抽選となる。

 参加申し込み、問い合わせは同協会(☎0152-44-5849)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝からの情報(12月7日ごろ)

■大津沖 ▽ヤナギノマイ、アオゾイ、クロゾイ ■庶野沖 ▽五目釣り。ヤナギノマイ、タラ、マダラ、アオゾイ。引き続き楽しめる

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月29日ごろ)

■大津沖 ▽ヤナギノマイ、アオゾイ、クロゾイ ■庶野沖 ▽五目釣り。ヤナギノマイ、タラ、マダラ、アオゾイ。引き続き楽しめる

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月21日ごろ)

■庶野沖 ▽五目釣り。ヤナギノマイ、タラ、マダラ、アオゾイ。引き続き楽しめる ■網走港 ▽サビキ釣りで夜釣り。サンマ

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月12日ごろ)

■庶野沖 ▽五目釣り。ヤナギノマイ、タラ、マダラ、アオゾイ。引き続き楽しめる ■網走港 ▽サビキ釣りで夜釣り。サンマ

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月6日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街周辺 ■音更川 ▽ニジマス18~40センチ、2~5匹。士幌町市街周辺 ■美里別川 ▽ニジマス18~40センチ、2~5匹。ブラウントラウトが交...