北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

家族葬斎場 札内に新設 帯広公益社【幕別】

幕別新ホールの完成予想図(帯広公益社提供)

 帯広公益社(帯広、渡邉一郎社長)は、幕別町札内共栄町3に家族葬用の斎場「(仮称)帯広公益社幕別新ホール」を新設する。家族葬需要の高まりなどが理由で、同社の斎場新設は9年ぶり。帯広市以外では初めて。9月着工、来夏稼働を予定している。

 同社は現在、帯広市内に4カ所の斎場を持ち、年に1100件ほどの葬儀を行っている。5年ほど前から家族葬が増え始め、現在では約4割を占めている。「会員などの声を踏まえると、家族葬需要は今後も高まる」(渡邉聡専務)と予想し、斎場新設を決断した。

 場所は国道38号沿いで、敷地面積は2935平方メートル。施設は鉄骨造り平屋、床面積は849平方メートル。最大収容50席と24席の二つのホールを設ける。

 他の遺族と会わずに落ち着いて故人と最後のお別れをしたいという要望を受け、出入り口などを複数配置したり、独立した遺体安置室を設けたりと、プライバシーに配慮した設計。

 また、管内では初めて、プロジェクションマッピングで風景などが投影できる祭壇を導入。コロナ禍で増えている焼香のみで帰る来場者のためには、遺影を空中に投影して見てもらうことのできる焼香台を導入する。総工費は約5億2000万円、来年6月完成予定。

 渡邉専務は「無宗教などによる数人での葬儀や、直葬(宗教儀式などをほとんど行わず火葬する葬儀)にも対応。地域に根差した葬儀社として、なくてはならない施設を目指し、従事者一丸で奉仕したい」と話した。

 同社は直近では2013年に市内に一般葬用と家族葬用に斎場「公益社メモリアルホール」と「公益社メモリアル別邸」を建設。21年度の売り上げは約13億6000円、従業員はパート・アルバイトを含め82人。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス