北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内署が2部で3位入賞【新ひだか】

【新ひだか】静内警察署(佐々木博信署長)は、6月22日に札幌市豊平区の道立総合体育センター北海きたえーるで開かれた3年ぶりの「令和4年度北海道警察逮捕術大会」で署員数別の2部(40人以上)で3位に入った。3位は2009年以来。

 「逮捕術」とは、犯人を必要最低限の打撃で制圧する技術。大会では、防具は剣道に似た面、胴、小手、垂などを着用し、素手や警棒、警杖を胴や肩などに当て有効打を競う競技。

 警察官の犯人を制圧、逮捕するための技術や技能を向上させ、士気を高めるために1964年(昭和39年)に第1回大会が開かれ、その後大会の改正などが行われ78年から現在の各署員数別のチーム制になった。

 参加は全道の73チーム344人(うち女性28人)。署員数別に1部(100人以上)、2部(40人以上)、3部(39人以下)と分かれ、静内署は第2部(22チーム)に出場した。今回はコロナ対策で、各選手に出場前の10日間、体温検査を義務付けられ、フェイスシールドを着用し試合に臨んだ。種目は徒手対徒手、警棒対短刀、警棒対警杖の3競技を、1チーム3人ずつで2回戦行う。

 静内署からは、新冠駐在所の井元秀樹警部補(47)、刑事・生活安全課の粟飯原(あいはら)圭介巡査部長(32)、交通課の桂下知也巡査長(28)、補欠で警務課の滝田大貴巡査長(26)がトーナメント戦に挑んだ。準決勝で檜山管内の江差署に惜しくも敗れたが13年ぶりに3位入賞と健闘。

 監督兼選手の井元警部補は「久しぶりの大会で若手には良い経験になったと思う。これを実践で活かし治安維持に繋げていきたい」と話していた。

 また、第3部では門別署が2大会連続の3位に入賞した。

左から井元警部補、桂下巡査長、滝田巡査長、粟飯原巡査部長

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス