北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

林業の魅力発信 新たな製材工場完成 苫小牧広域森林組合  むかわ

苫小牧広域森林組合の新たな製材工場が、むかわ町穂別和泉の同組合本所敷地内に完成した。カラマツやトドマツを原料とした地域材の価値を高めるだけでなく、林業の魅力を発信する施設として役割を果たしていくことが期待される。30日に工場内で竣工(しゅんこう)式が行われ、関係者や来賓などが完成を祝った。

関係者に公開された新たな製材工場の内部

 新製材工場は鉄骨造りで、延べ床面積は約1760平方メートル。ロボットツイン本機をはじめ、刃物で樹皮を除去するリングバーカー、製材廃材などを破砕してチップ状にするドラムチッパー、木材シュレッダーなどの機械が導入された。従来の製材工場よりも大きな原木の受け入れが可能となり、製材用素材の消費量は年間3万立方メートル以上を見込む。梱包(こんぽう)材やパレット材、建築材などを生産する計画という。

 新たな工場の建設は、カラマツ梱包材などを生産してきた従来の製材工場が築30年以上になって老朽化したほか、機械も2018年9月に発生した胆振東部地震などで故障し修繕費がかさんでいたため、既存工場の隣で進めてきた。総事業費は税抜き約11億2600万円で、国やむかわ、厚真、安平の3町の補助を受け、今年3月に完成した。

 小坂利政組合長は「震災とコロナ禍により林業を取り巻く環境が厳しさを増す中、森林整備の推進、林業振興、地域材の地産地消のために製材工場は不可欠。新たな工場は将来に向けて飛躍する基盤になる」とあいさつ。「工場の完成を契機に地域基幹産業の発展に貢献できるよう決意を新たにしていく」と力を込めた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス