北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大雪でもテレワーク コロナで導入【十勝】

 大雪で出社できないビジネスマンが続出した12日、十勝管内ではテレワークやリモート会議を取り入れ、効果的に事業継続を進めた企業がある。新型コロナウイルス感染拡大を契機にテレワークなどを導入した経験が生かされた形だ。

オフィスも出社は管理者数人。スタッフとの業務のやりとりもスマホで顔を見ながら可能だ(12日午後、第一生命の帯広第2営業オフィス)

 第一生命帯広支社(瀧山広一郎支社長)は12日、管轄する釧路や北見を含め、管内の営業スタッフや管理者など所属する約350人のうち、約8割をテレワーク勤務とした。市内自社ビル内の二つの営業オフィスでも管理者数人が出社しただけだった。

 福田宜朋副支社長は「多くが車通勤。予報を見て11日に各部門の責任者に対し、スタッフのテレワーク勤務の推奨を通達し、必要機器を持ち帰った」と説明。オンラインで出退勤管理をしており、顧客への提案書準備やビデオ研修などにいそしむ人が多いとする。

 同社ではコロナ禍でも事業継続できるよう、全国の拠点でテレワークへの環境整備を加速。同支社でも2020年夏から全従業員分のノートパソコンやタブレットをそろえた。既存顧客との営業もオンラインで行える。瀧山支社長は「緊急事態宣言中で訪問営業がままならない中、活用を重ねた。年配のスタッフも慣れ、今回もスムーズに発動できた」と話していた。

 萩原建設工業(帯広市)では除雪事情などで1割ほどが出社できなかった。リモートワーク推進で一昨年夏、全社員にタブレット端末を1台ずつ支給し、この日予定していた幹部らによる会議もリモートで対応した。澤井育雄専務は「テレワークは企業のBCP(事業継続)に欠かせない」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス