北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基当時に開いていた宗教文化会を、名称を変えて約100年の時を経て復活させた。吉井住職は「みんなで楽しく学べる場にしたい」と話す。

吉井住職(奥)の解説に耳を傾ける参加者

 仏教文化講座は今年1月、仏教の開祖ブッダ(シッダールタ)の生涯を知るところからスタート。2回目の25日は26人が参加し、シッダールタが29歳で出家してから悟りを得て死去するまでの歩みを学んだ。

 シッダールタは仙人に弟子入りするも満足できず、苦行の道に進んだが6年経っても病や死といった人生の苦悩が解決しないことから、苦行をやめることを決断。吉井住職はこの行為が仲間から軽蔑されたというエピソードに触れ、「苦行は善で快楽は悪、という感覚は現代も残っているのでは」と述べた。

 ブッダが80歳の時、食あたりで死去する際の様子を描いた「涅槃(ねはん)図」も紹介。動物や虫も悲しみに暮れていること、体の右側を下にして横たわるポーズは消化を助けるのに理にかなっていることなどを説いた。

 木に引っ掛かっているように描かれた薬については、ブッダの亡くなった母が天上からわが子のために投じたもので、これが「投薬」の語源と解説した。

 同寺は1920(大正9)年に創建された「念仏道場」が始まり。23(同12)年に赴任した吉井一行氏が追分安立寺の菅瞬英氏と宗教文化会を設立し、道内外から講師を迎えた講演会や音楽会などを毎月開いたという。

 同寺の記録や苫小牧市史で曽祖父のこうした取り組みを知り「今とは時代も環境も大きく異なる中で斬新な方法で学びを広げたことに感動し、自分もやってみようと考えた」と吉井住職。仏教の教えのみならず、現代の生活にも通じる知識や教養も伝えていきたい考えで「参加者の関心に合わせて内容を計画していきたい」と意気込む。

 次回は3月24日午後3時~同4時、「彼岸」をテーマに行う。一般参加者はテキスト代500円が必要。申し込み、問い合わせは同寺 電話0144(32)2664。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス