北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

バナナ饅頭味のマカロンいかが 高校生が提案【池田】

 池田町の銘菓「バナナ饅頭(まんじゅう)」味のマカロンはいかが-。町在住で帯広柏葉高3年の松本優さんら、まちづくりに携わる高校生が町の魅力を発信しようと、町内の大人たちの協力でご当地マカロンを作った。17日午後4時からいけだワイン城で開かれる「アイスキャンドルナイト&点灯式」で限定販売する。

17日イベントで販売

ご当地マカロンをPRする(前列左から)吉田さん、松本さん、佐々木さん。後列左から仁科料理長、協力隊の鈴木さん

 ご当地マカロンを提案したのは、高校生が企画する芽室町のイルミネーションイベント「めむクリ」実行委のメンバー。松本さん、吉田隼都さん(白樺学園高3年)、佐々木佑さん(同)ら5人が新たにプロジェクトを立ち上げた。

 めむクリに携わった松本さんは、ふるさとの池田町でも、高校生によるイベントができないかと模索。昨年12月、町の地域おこし協力隊の鈴木龍太郎さん(39)と知り合い、その思いを伝えたところ、ワイン城のアイスキャンドルイベントとのコラボを打診された。

 高校生たちはご当地マカロンの製造・販売を提案。めむクリでも芽室町の食材を使ったマカロンを製造したものの、許認可の関係で販売できずに配布にとどまった経緯があった。池田町のマカロンは、松本さんにとって幼い頃からの思い出の味であるバナナ饅頭味とした。

 バナナ饅頭を製造・販売する米倉商店(米倉寛之社長)が香料を提供。一般社団法人いけだワイン城の仁科直也料理長が製造し、包装や食品表示も同法人が担った。松本さんたちの呼び掛けで、池田高校の生徒もプロジェクトに参加した。

 ご当地マカロンの名前は「TOCORON」(トコロン)。「Tokachi Collab Macaron」の略で、池田だけでなく他市町村にも広げていこうと名付けた。

バナナ饅頭味のマカロン

 年明けからの短い準備期間で念願のマカロン販売にこぎ着け、吉田さんは「忙しかったけれど、有意義だった。しっかりバナナ饅頭の味がする」とPR。佐々木さんも「町内の皆さんが知っている味なのでぜひ食べてほしい」と話す。春から京都の大学に進学し、経営やマネジメントを学ぶ松本さんは「将来的には十勝に帰ってきて、自分(の力)で十勝の発信ができればと考えている」と将来を描く。

 トコロンは1個350円で、68個の限定販売。購入者にはバナナ饅頭2個をプレゼントする。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス