北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「幻の橋」沈まぬ秋 糠平湖の水位上がらず タウシュベツ川橋梁【上士幌】

いまだに沈まないタウシュベツ川橋梁(NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンター提供)

 北海道遺産にも登録されている旧国鉄士幌線のタウシュベツ川橋梁(きょうりょう)-。例年だとこの時期はダム湖の水位が上がり姿を隠すが、今年は昨冬の少雪や夏の少雨、猛暑の影響で、いまだに全景を保つ。糠平湖周辺の紅葉に包まれ、いつもとは違う風景が広がっている。

 同橋梁は1937(昭和12)年に完成した全長130メートル、高さ約10メートルのアーチ橋。11のアーチを備える。55年に糠平ダムの建設に伴い、鉄道橋としての役割を終えた。現在はダム湖の水位が上がる春から秋にかけて水没、冬季に姿を現す「幻の橋」として、観光客に親しまれている。

 例年は雪解けや雨で6月ごろから水位が上昇し、10月には完全に水没。水位が下がる冬季に再び姿を現わすというサイクルを繰り返している。ところが、今年は秋が深まっても湖底が見えている状態で、NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターによると、「ここ10年でこれだけ水が少ないのは珍しい」という。観光客からは「紅葉と一緒に見られてありがたい」との声も。同センターアウトドアガイドの上村潤也さんは「いつもと違う様相のタウシュベツを見て、楽しんでもらえれば」と話している。

 同橋梁は、コンクリートに染み込んだ水が凍結融解を繰り返すことで損傷が進んでいる。毎年、春の雪解けで崩壊する恐れがある。2003年の十勝沖地震の影響で中央付近の橋脚上部の側壁が崩落。その後、17年に2カ所、20年に2カ所、21年に1カ所、今年4月には3カ所の壁面が崩れた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス