北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「こどもカフェ」開設へ NPO法人おやこ応援団いちごはうすの会、改装費用CF「協力を」【伊達】

「多くの人たちが集う場にしたい」と話す工藤理事長

 伊達市内でこどもの居場所づくり、子ども食堂の運営を行う「NPO法人おやこ応援団いちごはうすの会」(工藤直美理事長)は、子どもから大人までの幅広い世代が集う「こどもカフェ」の開設へ向けクラウド・ファンディング(CF)を進めている。市内錦町の元飲食店を改装する計画で、金額は150万円に設定。期間は今月末まで。賛同する方々の善意を呼びかけている。

 同会は2019年に活動をスタート。現在は伊達小、東小、長和小の各学校区の子ども食堂のほか、伊達西小校区で「出張食堂」などを展開する。活動する中、「大人が抱える不安が解消されれば、子どもの笑顔はもっと増える」(工藤理事長)と実感。大人がリラックスし交流する場を思い描いた。

 子どもカフェに活用予定の建物は、工藤理事長の活動に興味を持った所有者から借りるという。建物は築50年以上が経過。改装が必要なためCFを活用する。目標金額を達成できず終了した場合でも、集まった支援金は受け取れる方式を採用した。

 具体的なリノベーションは「多様な人が集まる場所にしたい」との思いから、▷定期的な子ども食堂の開催▷コーヒー・軽食などのカフェ営業▷学校に通うのが難しい子も自由に過ごせる空間▷イベントなどで利用できるスペースなど。11月のオープンを目指している。

 支援者へのリターンは同会の活動に興味を持つ、伊達市の彫刻家渡辺元佳さんのキーホルダーや食事券など3千円~100万円に応じ用意する。工藤理事長は「『子ども・子育て』のさまざまな困難に寄り添いたい。その中心的な役割を果たすことができれば」と呼びかけている。

 詳細はインターネットで「おやこ応援団 いちごはうすの会」を検索するとよい。問い合わせは工藤理事長、携帯電話080・4041・9703へ。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス