北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

原因究明し資源回復へ 「調査研究会」を発足 「鵡川ししゃも」記録的不漁受け

むかわ町のブランド「鵡川ししゃも」の記録的不漁を受け、町や鵡川漁業協同組合、道内調査研究機関などで構成する「鵡川ししゃも資源再生調査研究会」が25日、発足した。昨年秋から町内で稼働するししゃもふ化場を拠点に各研究機関のデータ情報を集約、共有、利活用し、危機的減少の原因究明と資源回復を図る。

「鵡川ししゃも」復活に向け発足した資源再生調査研究会

 同研究会は町と同漁協が呼び掛け人となり、賛同する道立研究機構栽培水産試験場(室蘭市)、さけます・内水面水産試験場(恵庭市)、道栽培漁業振興公社(札幌市)で構成。年に最低4回、各機関で蓄積した調査・研究の詳細を持ち寄り、資源回復に結び付ける。

 同日、町産業会館で設立会議が行われ、むかわ町の竹中喜之町長は「シシャモはこの町の歴史、文化を語る上で欠かすことができない重要な資源。決して幻の魚にすることなく、研究を足掛かりにシシャモの復活、再生を図っていきたい」と結束を呼び掛けた。

 むかわ町のシシャモは「町魚」に指定されるほか、「鵡川ししゃも」として地域団体商標にも登録されているブランド品。しかし、ここ数年のシシャモ漁獲量は2017年の72トンから20年は3トン、21年1・4トンと激減し、昨年は史上最低の64キロと危機的状況に陥っている。同研究会は年間水揚げ量50~100トンを目指す。

 記録的不漁は近年の海水温の上昇が一因とされるが、シシャモの生態は不透明ではっきりとした解明には至っていない。同漁協の小定雅之専務理事は「むかわと言えばシシャモ。連携を深めることでそれぞれの専門性を最大限に発揮し、シシャモ漁が営まれる環境をつくっていきたい」と力を込め、「特効薬はないが、いま分かっていることから地道にやっていく」と話した。

 シシャモ漁の解禁は例年10月上旬だが、今季は現時点で未定。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス