北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

小麦播種 アプリが支援 最適期、量を自動計算 三浦農場が開発【音更】

 三浦農場(音更町東和東1線)の三浦尚史代表(53)と従業員の片岡健さん(40)が、秋まき小麦の播種(はしゅ)時期に合わせて、収量安定などをサポートするスマートフォンアプリ「小麦は種名人」を開発した。来春にもアプリの販売元となる「農家が考えたアプリ社」を設立する予定。サブスクリプション(サブスク)方式で、利用料は年額1000円とするが、来年8月中旬までは試用期間として無料開放する。三浦代表は「たくさんの小麦農家に使ってもらいたい」と話している。

スマホアプリ「小麦は種名人」を開発した三浦代表(右)と片岡さん

 アプリは、(1)小麦の茎数(越冬時)(2)小麦種子の千粒重-を入力すれば、どの時期にどの程度の量の播種をすれば良いのかを自動計算して表示する。全道の過去5年間の気象データをデータベース化し、地域ごとに最適な播種量を計算する。

 対応する品種はきたほなみのみで、利用できるスマホのOSはアンドロイドだけ。三浦代表は「今年度内にアイフォーン版を販売したい」と話している。

 2019年9月、札幌市内のIT関連会社に勤めていた片岡さんが、脱サラして三浦農場入り。片岡さんは農作業の合間に、三浦代表から「秋まき小麦の収量を安定させたい」「畑ごとに小麦の生育度合いをそろえたい」「早期播種、晩期播種で上手に小麦を育てたい」などの相談を持ち掛けられていた。

 北大理学部出身の片岡さんは、前職の経験を生かして、同農場に新設されたアプリ開発担当部署で開発に取り組んだ。およそ2年間かけて、22年12月にアプリが完成した。片岡さんは「農業に貢献できるのはうれしい」と相好を崩す。

 三浦農場では43ヘクタールの秋まき小麦のほ場を所有しており、今季は22日から播種を始め、10月上旬まで行う予定。栽培する品種はきたほなみが28ヘクタールで約218トン(反収13俵)、キタノカオリは15ヘクタールで約90トン(同10俵)をそれぞれ見込む。

 問い合わせは、三浦農場(0155・32・4022)へ。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス