北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

事故を教訓に再発防止へ 大沼貨物列車脱線から10年で研修【七飯】

脱線事故から10年の節目にあたり、研修であいさつした綿貫社長

 【七飯】2013年に七飯町大沼町のJR大沼駅構内で発生した貨物列車脱線事故から10年となった19日、JR北海道(綿貫泰之社長)は保線に関わる社員向けの研修を実施した。大沼国際セミナーハウスでは函館保線所の社員など約90人が事故を振り返り、再発防止への意識を再確認した。

 事故は13年9月19日午後6時ごろ、帯広発埼玉・熊谷行きの貨物列車18両が大沼駅を発車後、6~9両目が脱線。けが人はなかったが、事故をきっかけに、線路軌道の曲がりが整備基準値を大幅に超えた状態であったにもかかわらず未補修のまま放置していたことや、検査データが改ざんされていたことなどが明らかになった。

 JR北は事故を教訓とし風化させないよう、9月19日を「保線安全の日」と定め、毎年同時期に研修を実施。今年は道内11会場をオンラインでつなぎ、グループ会社を含めて約660人が参加した。

 綿貫社長はあいさつで「存続が危ぶまれ、鉄道事業を運営する企業としてモラルや資質が問われる事故だった」と回顧。「鉄道運営は保線なくして成り立たない。鉄道輸送の根幹を担っているという誇りを持ってほしい。お客さま、社員の命を守っているという気概を持ち、その使命を果たすため、これからも一丸となって安全な線路、鉄道を守っていきましょう」と呼び掛けた。

 社員らは映像を通じて事故を振り返ったほか、事故後の14~18年にJR北の会長を務め、経営再建にあたった須田征男氏がオンラインを通じて講演し「経営の健全化は必要だが、鉄道経営は究極の安全の上に成り立つ。これを守るのは社員一人一人の努力と連携」とまとめた。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス