北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

7エリアに120店 9月1~3日「とかちマルシェ」【帯広】

 十勝の味覚が一堂に集まる大イベント「とかちマルシェ」(運営協議会主催)が9月1~3日、JR帯広駅周辺で開かれる。駅周辺に七つのエリアが設けられ、管内を中心に120店が出店。十勝産食材を使った500円以下のメニューが提供される。今年は座席数や音楽フェスタなどをコロナ前の規模に戻し、4年ぶりに“フル開催”での実施となる。

十勝産グルメ大集合

 エリアは駅北側に3カ所、南側に4カ所。北側は、十勝産食材を使用したオリジナルメニューを提供する「ダイニングカフェエリア」(29店)、チーズやパンなど加工品を扱う「Myとかち地産地消エリア」(14店)、農家や酪農家が生産物や加工品を販売する「こだわりの食材エリア」(4店)で構成。「ダイニング-」には特設ステージが置かれ、管内のアーティストや吹奏楽部など延べ29組が演奏する。

 駅南側は、管内の高校や専門学校が十勝産食材を使った料理を出す「グルメキャンパス」(5店)、管内食材にこだわったキッチンカーが集まる「キッチンカーストリート」(18店)のほか、「グルメガーデン」(10店)や「サウスフードパーク」(40店)でも十勝産食材を使用したメニューが楽しめる。「サウス-」内には十勝産原料を使用したピザや豆腐、アイスクリーム作りなどができる「食の体験コーナー」もある。

 座席数は1389席を用意。今年は来場者プレゼントや道内四大グルメイベントスタンプラリーを復活させ、管外からの来場強化も目指している。

 開催時間は1日が午後5時~同9時。2日が午前10時~午後9時。3日が午前10時~午後4時。駅北の「ダイニング-」では1、2の両日、夜間に「ナイトマルシェ」も開催する。

 20分おきに帯広厚生病院前(帯広市西14南10)-会場間を往復する無料シャトルバスを運行するほか、中心部の指定駐車場を対象に100円サービス券を発行する。

路線バス来場で帰り無料券配布

 また、今年は来場促進やアクセス利便性向上のための取り組みとして、路線バスの無料乗車券(復路分)を配布する。期間中、路線バスを利用して来場すると帰りの無料乗車券がもらえる。往路降車時に乗車証明書を取得し、本部テントで交換(乗車証明書1枚につき復路分の乗車券1枚)。主催者は「とかちマルシェを機に、家の近くのバス停や路線を知ってもらえれば」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

十勝毎日新聞

ナイヤガラ2022「金」 十勝ワイン初の5点入賞 国際コンペサクラアワー..

 ワイン業界で活躍する女性たちが審査員を務める国際ワインコンペティション「第11回サクラアワード2024」で、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の「ナイヤガラスパークリング2022」がゴールドを受賞した...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス