北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝研究拠点 初の商品「カマンベール+ブルーチーズ」【芽室】

 明治(東京)は19日、ナチュラルチーズの研究拠点「十勝チーズ研究センター」(芽室町東芽室、明治十勝工場内)で開発した第1弾商品「明治北海道十勝カマンブルー」を発表した。カマンベールチーズにブルーチーズの風味を組み合わせた北海道十勝ブランドのチーズで、同日から8月30日までの期間限定でクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で販売する。同社がチーズの新商品をサイト限定で販売するのは初めて。

十勝チーズ研究センター第1弾商品を手に自信を示す(左から)海老澤チーズG長、川端センター長

 同センターは2022年4月設立。今年4月に研究員1人を増員し、7人体制で十勝産生乳のチーズ開発に取り組んでいる。

 カマンブルーは日本人にも食べやすいブルーチーズを目指し、4年前に東京の研究拠点で開発に着手した。同センターで最終的な生産に向けた開発を進めた。白カビのカマンベールに青カビのブルーチーズを組み合わせるため、十数種類の青カビから最適なものを選定。味のバランスを調整した。

 同日に明治十勝工場で記者会見が開かれ、川端史郎センター長(58)は、「工場内にセンターがあることで、商品開発の効率化を図ることができた。ブルーチーズはクセが強いが、初心者から通の方まで満足できる商品になった」と自信を示した。

 フローズン・食品事業部の海老澤道成チーズG長(50)は「十勝ブランドの新たな挑戦。乳製品の消費拡大による酪農家支援にもつなげたい」と話した。

 この日は同センターで青カビを育成させるためチーズに穴を開ける「ピアシング」や熟成の様子なども公開された。

 価格は1個(90グラム)864円。サイト上では5個セットや他のチーズとの詰め合わせなどで販売している。職人による手作業の部分もあるため、数量限定の販売となるが、期間終了後もネット販売を検討するほか、「来年度以降は十勝限定の直接販売ができれば」(海老澤チーズG長)との構想もある。

関連記事

室蘭民報

「究極のマルゲリータ」「手作りバウムクーヘン」販売開始 のぼりべつブラン..

 登別中央ショッピングセンターアーニス(中央町)の「のぼりべつブランドショップ」は2月28日、先ごろ新たに市推奨品に認定された「究極のマルゲリータ」(ASTRA合同会社)と「手作りバウムクーヘン...

十勝毎日新聞

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ【帯広】

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食店...

十勝毎日新聞

町産の豆、百貨店催事に 人気カレー6店とコラボ【豊頃】

 豊頃町産の豆でカレーをよりおいしく-。豊頃町地域おこし協力隊の高橋強さん(42)は3月16~21日、大阪の百貨店・阪神梅田本店でユニークなカレーの催事を開く。全国の著名カレー店6店を集め、自慢の...

十勝毎日新聞

食の王国「十勝」が存在感 「北のハイグレード食品」に2品【札幌】

 道内の優れた加工食品を認定する「北のハイグレード食品2024」と、北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)主催の新商品発表会が14日と15日、札幌市内でそれぞれ行われ、十勝から3商品が...

十勝毎日新聞

十勝エゾ鹿でステーキ弁当 「山幸」のタレとご飯【池田】

 一般社団法人いけだワイン城は、池田町内の2企業と共同開発した「山幸蝦夷鹿(えぞしか)ステーキ弁当」を3月1日に発売する。ステーキは「エゾの杜」(三坂一茂社長)の「十勝エゾ鹿」の内もも肉に、十勝精...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス