北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

東京線86%増53万人 搭乗率60%まで回復 空港22年度利用【帯広】

Uターン客でにぎわう出発ロビー(1月3日、とかち帯広空港)

 北海道エアポート(HAP)帯広空港事業所は、2022年度のとかち帯広空港の利用者数をまとめた。帯広-東京(羽田)線は、前年度比86%増の53万5284人、搭乗率は11.8ポイント増の60.3%で、新型コロナで過去最少に落ち込んだ20年度からは大きく回復。行動制限緩和や国の旅行支援などが追い風となり、道外からの観光客が増加した。

 22年度の東京線の利用者は、全月で前年同月を上回り、5~9月と2月が前年同月の2倍以上の伸びを見せた。また、6月以降は4万人以上で推移し、8、10月は5万人を超えた。

 航空会社別の利用者は、日本航空(JAL)が102.2%増の33万6529人、エア・ドゥが63.8%増の19万8755人。就航便数はJALが842便増の2820便、エア・ドゥが446便増の2078便。提供座席数は、JALが23万320席増の58万7044席、エア・ドゥが6万4440席増の30万816席。搭乗率は、JALが10.6ポイント増の57.3%、エア・ドゥが14.8ポイント増の66.1%だった。

 8月に季節運航した帯広-名古屋線(JAL)やフジドリームエアラインズ(FDA)によるチャーター便などを含む空港全体の利用者数は、前年度比86.2%増の55万52人となり、3年ぶりに50万人を超え、ピーク時の80%強まで回復した。

 同事業所は「新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の行動制限の緩和等を受け、22年度の旅客数は前年度からの著しい回復が見られた。利用者に親しまれ、空港のにぎわい創出につながる取り組みを23年度も進めたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス