北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

年末年始はふるさとの酒で 網走の地酒を蔵出し 辛口の「君が袖」限定発売

 【網走】長く市民に愛される網走の地酒「君が袖・しぼりたて生酒」がこのほど、蔵出しされた。網走市酒小売組合君が袖蔵部(クラブ)の加盟店は、15日から数量限定で特別発売している。

数量限定で発売したプレミアム地酒「君が袖 しぼりたて生酒」

 君が袖は1929年、旧田邊本店が生み出した銘酒。一時は歴史から姿を消していたが97年に網走市酒小売組合が復活させた網走の地酒。

 新しい命が吹き込まれた銘酒は、君が袖蔵部の加盟店主らが大切に守り育て、市民に愛されながら今年、復活25周年を迎えた。

 名前は、奥深い恋愛を表現した万葉集の傑作の一つ「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」に由来している。

 今回、限定発売した「しぼりたて」は、出荷前の加熱処理「火入れ」や「ろ過」を行っていない原酒を瓶詰めした本醸造酒。

 酒米は厳選した酒造好適米を使用し、元網走市長の故・安藤哲郎氏が命名した網走の名水「桂の水」を仕込み水に使っている。

 きりっと小気味いい辛口の「冬の生酒」は、多くの市民からの好評を得て2013年と15年、17年から毎年冬季限定で販売している。

 今年の出来は、辛口で良好な切れ味がさえ、君が袖蔵部の〝酒屋の主人〟たちも「うまい」と太鼓判を押す。

 無ろ過、無調整の原酒独特の酵母を含み、発酵の炭酸ガスがかすかに残る。

 爽やかな新酒香が鼻に抜け、純米特有ののど越しと新酒の力強さを味わえるのが特徴。加水などの調整を行わないため、アルコールは通常よりも3度ほど高い18~19度の仕上り。「冷(ひや)」で飲むのがおすすめ。

 同組合は「旬の味覚と合わせて楽しんでもらいたい。魚介類や鍋物によく合う。年末年始のご自宅用にも好評です」と話している。

 価格は1.8㍑瓶が税込み3180円、720㍉㍑が1782円。問い合わせは同組合(☎44―7431)へ。取り扱い店は▽梶川商店▽松本商店▽石塚商店▽森川商店▽丸北北都▽道の駅流氷街道網走▽網走番屋オホロコマ

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス