北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

業界関係者投票でグランプリに選出、登別国際観光コンベンション協会 ツーリズムEXPOジャパン【登別】

多くの来場者でにぎわった登別国際観光コンベンション協会のブース

旅行代理店などが商談で数多く訪れた全国工場夜景都市協議会のブース

西胆振の魅力をPR

 世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2022」が22~25日、東京ビッグサイトで行われた。西胆振からも観光関連団体がブースを構えて、魅力を発信した。業界関係者の投票で、登別国際観光コンベンション協会(唐神昌子会長)のブースがグランプリに選ばれた。

 4年ぶりの東京開催となった旅の祭典は、「新しい時代へのチャレンジ~ReStart~」がメインテーマ。新型コロナウイルスで打撃を受ける観光業界の復活に向け、海外・国内・訪日旅行を三位一体と捉えて旅行需要回復を目指す取り組み。世界78の国と地域、全47都道府県から千を超える企業・団体が出展した。

 各ブースでは、映像配信やステージ発表など独自のPRを展開。各企業・団体が趣向を凝らす中、エージェントなど関係者の投票による「旅のプロが選ぶブースグランプリ」でトップに輝いたのが、登別国際観光コンベンション協会だ。

 登別ならではの鬼を全面的に配し、ブースの出入り口は、鬼が口を大きく開けるデザインを採用。ブースの上にも金棒を手にした鬼のモニュメントを飾るなど、登別温泉の存在が一目で分かる仕上がりにした。

 内部にも工夫を凝らした。感染予防のため、過去の開催で人気だった手湯を取り止めた代わりに、床の通路をすごろく仕様に装飾。登別温泉の魅力をゲーム感覚で知ることができる仕掛けで、来場者を楽しませた。

 唐神会長は「周辺ブースの中でも大人気で、登別への期待度の大きさを感じた。全国旅行支援や入国者数の上限撤廃が今後進む中で、背中を押してもらえる賞。観光地としてもグランプリを取れるよう頑張りたい」と話した。同協会には記念の盾や賞状が贈られたほか、来年開催分の出展ブースが提供された。

 エキスポでは、北海道登別洞爺広域観光圏協議会や、室蘭市が加盟する全国工場夜景都市協議会もブースを開設し、パネルを並べてPR。来場者に対応した室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「旅行代理店やRVパーク(車中泊施設)など15社・団体と商談した。場所が良かったこともあり、過去の参加時より反応が良かった」と振り返った。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス