北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナと学校 継続発信 柏葉高新聞局 総文祭19回目最優秀【帯広】

 全国高等学校総合文化祭(総文祭、7月31日~8月4日・東京)の新聞部門で2年ぶり19回目の最優秀賞受賞の快挙を遂げた帯広柏葉高新聞局(村中迪唯局長、局員16人)。新型コロナ禍で学校生活がさまざまな影響を受ける中、「コロナキャンペーン」と銘打ち、全児童・生徒へのPCR検査の実施を求めるなど継続的な発信が高く評価された。

通算19回目の最優秀賞に輝いた帯広柏葉高新聞局。前列左から3人目が村中局長、同4人目が小林編集長

 新聞部門には全国から143校が出品。2020年11月から21年10月までに発行した新聞が審査対象で、最優秀賞5校、優秀賞7校、優良賞に33校が選ばれた。同校新聞局は「柏葉高新聞」4号分と速報の「とかちばれ」28号分を出品し、第2回大会(1999年)で初の最優秀を受賞してから通算19回目の頂点に立った。

 コロナキャンペーンは21年4月8日に配布したとかちばれで、学校行事などを安全に行うため全児童・生徒へのPCR検査実施を訴えたのが始まり。以降、とかちばれでは感染拡大による部活動制限の流れに対して「部活は不要かつ不急なのか」と疑問を投げ掛け、十勝管内の自治体の高校生へのワクチン接種進捗(しんちょく)率も報じた。

 また、21年7月発行の「柏葉高新聞」(16面)では、局員による「抗原検査やってみた!」やワクチン接種体験記、PCR検査やワクチン接種に関する全校生徒アンケートなどを特集した。

 講評では「単発で終えることなく、声を上げ続けることが大切であることを実践している」などと高評価を得た。

 総文祭には小林令依編集長(2年)ら3人が参加。各校の参加者とグループを作って取材に出掛け、新聞を作った。小林編集長は同じグループとなった他校の生徒に見出しや割り付けについて意見を求められた。「全国のさまざまな学校の生徒と交流して、自分の学校ってすごいんだなと思った」と笑う。

 これから12月発行の柏葉高新聞の制作に向けて忙しくなる。20回目の最優秀賞受賞も視野に入るが、村中局長(2年)は「先輩、先生たちから引き継いだものを着実にやっていきたい」と気負いはない。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス