北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夜の十勝 新たな観光 ポロシリでモニターツアー【帯広】

 北海道観光振興機構(小磯修二会長)は18、19の両日、帯広市内の十勝ポロシリキャンプフィールドで夜間の新たな観光需要を発掘する「ナイトタイムエコノミー拡大促進モニターツアー」を実施した。アメリカを含む十勝管外出身の3人が、十勝の豪華食材や、スノーシューを使った散策などを楽しんだ。

スノーシューで散策し、丘の頂上でマシュマロや小豆ミルク、星空を楽しんだ参加者

 同機構は、訪日外国人に対する旅行消費の拡大や長期滞在につなげる要素として夜の時間を有意義に過ごす「ナイトタイムエコノミー」に着目。今年度はコロナ禍の影響で外国人のモニターツアーが制限されているため、日本人向けにもツアー参加を呼び掛けた。

 帯広のほか、オホーツク管内遠軽町、小樽市の3地区でツアーを実施。各地区ではまだ商品化に至っていない内容を中心に構成し、ツアー参加者に価格や内容面の意見を聞いている。

 帯広のツアーには、千歳市、札幌市、アメリカ出身の男女3人が参加。19日夕にスノーシューを履いて、十勝ポロシリキャンプフィールド付近に広がる八千代公共育成牧場の敷地内を散策。誰も踏み入れていない新雪の上を進み、小高い丘の頂上で温かい小豆ミルクやガイドによる星空の解説を楽しんだ。

 夕食は、キャンプ場内のテントで芽室町を中心とした十勝食材のコースを堪能。十勝のビールやワインのほか、ラクレットチーズを掛けたジャガイモやとかちマッシュ、広尾町産のメンメなどが入った海鮮鍋が提供された。

 アメリカ出身で群馬県伊勢崎市在住のピーター・ペインさん(53)=会社役員=は「左右を見ても誰も踏みしめていない雪の中を歩いた経験は新鮮。シーズン別に何度も来てみたいと感じた」と語った。同機構地域観光部の嵯峨山真部長は「魅力的なツアーで一定数の需要があると感じた。今後はオンラインセミナーの事例発表などを通じて、事業者に実際の商品化を呼び掛けたい」と述べた。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス