北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  来年2月に「はこだて…
来年2月に「はこだてフードフェスタ」【函館】
函館新聞 - 2017/11/14 10:36
来年2月24、25の両日、函館アリーナ(湯川町1)で開かれるグルメイベント「はこだてフードフェスタ」の概要が固まった。昨年同時期の「美食フェスタ」と比べて温かい飲食メニューを充実させるほか、子育て中の母親などを対象とした催事を同時開催し、家族連れら約2万人の来場を見込む。

 函館市や函館商工会議所などでつくる実行委の主催。市が進める「食の産業化」の一環で、地域の食の魅力を発信して交流人口拡大を図るとともに地元料理人を育成する目的。

 「飲食ブース」では出店者を募り、地場の食材を活用した料理などを提供。昨年の美食フェスタ終了後のアンケートで「温かい料理がもっと食べたい」という声が多かったことから、会場で火を使えるブースを設ける。ホテルで味わえるランチを並べるほか、市内の専門学校と連携して学生考案のメニューも販売する。

 また、未就学児を持つ母親を主な対象としたフリーペーパー「クルールはこだて」を発行するリアルグロウ(宮前町)と共同で、「ママズパーティー」を開催。手作り雑貨を作るワークショップなどを開く。

 このほか、「マルシェブース」では地元の野菜や水産加工品、スイーツなどを提供。子ども向けの料理教室やステージイベントなども企画し、初日の開催時間は昨年から4時間延長して午前11時~午後8時とする。2日目は午前10時~午後4時。

 市経済部経済企画課は「市民はもちろん、情報発信を強化して函館以外からの集客も図り、イベントの定着化を目指したい」としている。



 ■出店者を募集 1次申し込み30日締め切り



 市は「はこだてフードフェスタ」の出店者を募集している。道南に店舗を構える飲食関連業者が対象で、1次申し込みの締め切りは30日。

 地場食材を使用した料理を提供する「飲食ブース」最大16店、道南の農産品や水産加工品などを販売する「マルシェブース」最大10店を募集する。複数の事業者による共同出店も可能。

 ブースは飲食が幅3・6メートル、マルシェが幅2・7メートルで、共に奥行きは2・7メートル。出店料は飲食が2万7000円(1次募集期間以降は3万2400円)、マルシェが1万6200円(同2万1600円)。実行委で審査し、12月中旬までに出店者を決める。

 https://hakodate-foodーfesta.jp/から申込書をダウンロードし、ファクスまたはメールで申し込む。問い合わせは市経済部経済企画課(0138・21・3321)へ。
[函館新聞]-最近の話題
ドライブレコーダー売り上げ大幅増【函館】(2017/11/20)
土産品5点商品化 雇用推進協が成果【函館】(2017/11/20)
宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】(2017/11/19)
山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】(2017/11/19)
AI技術をまちづくりに 未来大などが講演・交流会【函館】(2017/11/18)
椴法華の大龍寺が珍しい「座禅堂」新設【函館】(2017/11/18)
鹿部の高田水産 プティシリーズ第3弾「ホタテ」【鹿部】(2017/11/17)
イカ不漁でアンケート 加工企業7割が価格転嫁【函館】(2017/11/17)
函館米穀、地元産コメの海外輸出強化へ【函館】(2017/11/16)
函館市初JR車両を使用した避難訓練【函館】(2017/11/16)
最優秀賞を受賞した十勝千年の森
↑最近の写真
特集・道の駅
「オクラホマ」の河野さん

技能者表彰と記念講話

しばれ、一気に 芽室-15.7度【十勝】

国友君(豊成小2年)文科大臣賞 紙飛行機選手権【帯広】

千年の森に土木学会賞 デザイン賞最優秀【清水】

まちの不具合をレポート、新アプリで機能性確認【室蘭】

熊舞の伝統芸能バトンつなぐ、登別中で初の引き継ぎ式【登別】

常盤保育所内に“ほかほかルーム”開設【室蘭】

伊達高等養護学校で学校祭、即売会や体験が人気【伊達】

MTB専用コースのオープニングイベント【登別】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(113)

室蘭民報(970)

名寄新聞(47)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(82)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)