北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  奎星展で木村さんが同…
奎星展で木村さんが同人特別賞 道南から35年ぶり【函館】
函館新聞 - 2017/11/14 10:35
賞状を手に受賞を喜ぶ木村さん
書道団体の奎星(けいせい)会が主催する総合書展「第66回奎星展」(1~8日・東京都美術館)で、函館市の木村蒼人(そうじん)、本名・周治さん(62)=奎星会同人会員、北海道奎星会会長=の前衛書「海喜」が同人特別賞に輝いた。同賞は同人(役員)の部の記念賞に次ぐ賞で、道南からの受賞は35年ぶり。

 木村さんの作品は墨の濃淡や筆圧の強弱を出しながら豪快かつ繊細に筆を走らせ、海のおおらかさや厳しさ、豊かさなどを表現した。

 旧恵山町で生まれ育った木村さんは子どものころから自宅近くの海に慣れ親しんだこともあり、「自分にとって海は原風景で大きな存在。作品制作の根底に宿っている」と話す。1年前から温めてきた構想を象化させ、「力みなく自然体で書けた」と振り返る。

 木村さんは小学生の時に書を習い、高校1年生から本格的に勉強を始めた。これまで毎日書道展毎日賞(1986年)や道奎星書道展大賞(88年)、函館書芸社展準大賞(92年)、奎星展無鑑査特別賞(99年)など数々の賞を受賞。道奎星会会長などの要職を務めながら書の普及、振興に力を注いでいる。

 木村さんは「指導していただいた恩師ら多くの人たちの支えのおかげ。受賞を励みに書を通じて自分を育ててくれた地域に恩返しをしていきたい」と、誓いを新たにしている。
[函館新聞]-最近の話題
ドライブレコーダー売り上げ大幅増【函館】(2017/11/20)
土産品5点商品化 雇用推進協が成果【函館】(2017/11/20)
宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】(2017/11/19)
山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】(2017/11/19)
AI技術をまちづくりに 未来大などが講演・交流会【函館】(2017/11/18)
椴法華の大龍寺が珍しい「座禅堂」新設【函館】(2017/11/18)
鹿部の高田水産 プティシリーズ第3弾「ホタテ」【鹿部】(2017/11/17)
イカ不漁でアンケート 加工企業7割が価格転嫁【函館】(2017/11/17)
函館米穀、地元産コメの海外輸出強化へ【函館】(2017/11/16)
函館市初JR車両を使用した避難訓練【函館】(2017/11/16)
最長タイムで文部科学大臣賞を受賞した国友君(左)と、優勝した井上君
↑最近の写真
特集・道の駅
「オクラホマ」の河野さん

技能者表彰と記念講話

しばれ、一気に 芽室-15.7度【十勝】

国友君(豊成小2年)文科大臣賞 紙飛行機選手権【帯広】

千年の森に土木学会賞 デザイン賞最優秀【清水】

まちの不具合をレポート、新アプリで機能性確認【室蘭】

熊舞の伝統芸能バトンつなぐ、登別中で初の引き継ぎ式【登別】

常盤保育所内に“ほかほかルーム”開設【室蘭】

伊達高等養護学校で学校祭、即売会や体験が人気【伊達】

MTB専用コースのオープニングイベント【登別】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

豊浦いちごを使ったソーダを20日に全国発売【豊浦】

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

根室新聞(113)

室蘭民報(970)

名寄新聞(47)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(82)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)